ブログトップ

 総選挙で長い間、UPできていなかったブログですが、今度は、県知事選挙が始まっています。
c0344374_16181806.jpg
 
今日は、日本共産党副委員長の田村智子参院議員が駅前に駆けつけ、高見あつみ候補とともに、街頭演説をしました。 

 広島県内の民主団体で共同して応援している高見あつみ知事候補は、・ヒロシマの心を世界に伝えるために日本政治に核兵器廃絶条約を批准するよう迫る、・子ども医療費を中学校卒業まで無料にする、・県内の地域とくらしを守るため、予算を社会保障と中小企業中心にくみかえる といった公約を訴えました。
c0344374_16181826.jpg
今回の衆院選で、惜しくも議席を逃した大平よしのぶ前衆院議員も「議員バッジがなくとも、広島の願いを政府に届ける仕事をこれまで以上に頑張り、次の選挙は必ず国会へ這い上がる」と元気に決意を訴えました。

 そして、田村智子副委員長は、高校生の頃、はじめて広島を訪れ、原爆資料館を見学した実感を語りながら、「人間がつくった核兵器は人間の力で廃絶できることを運動の中で知った」「『核兵器廃絶条約』は、人類の希望。これに背を向ける日本政府、その政府に条約の批准を迫れない現広島県知事は情けない。核兵器廃絶の先頭に立つ県知事を」と呼びかけました。
c0344374_16181868.jpg
 また、田村さんの母の介護体験を語りながら「社会保障は、子どもからお年寄りまでが、個人の尊厳を守られて、人間らしく生きていくためにある。社会保障を充実してこそすべての世代が安心して暮らしていける」として、全国でも遅れている、広島県の子ども医療費助成制度を「不要不急の大型開発の予算を振り向けて、中学校卒業まで無料にしよう」と呼びかけました。

 駅前には、市民らが次々と足を止めて、演説に聞き入っていました。





[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-11-04 16:35 | Comments(0)

 本日は、朝から県庁の選挙管理委員会へ届け出作業をして、新幹線で福山までトンボ返り。
その後は、バタバタと一日が過ぎ去っていきました。

 今日からいよいよ、しげむら幸司7区候補の選挙が本格的に始まりました。
c0344374_19574037.jpg
 これまで長年、労働組合の活動をしてきて、働く人の気持ちがよくわかる、しげむらさんです。
c0344374_19573940.jpg
 以前、しげむらさんが30代の派遣切りされた青年を親身になって相談に乗っていた姿を見たことがあります。

格差と貧困がどんどん広がり、ささくれた冷たい社会ですが、しげむらさんのように温かい人がもっと増えれば、日本は住みやすくなるんだろうなあ、と思っていました。
c0344374_19574083.jpg
 
「働く者の味方」しげむらさん。輝いてます。
c0344374_19574073.jpg
 格差と貧困をなくし、戦争のない平和な日本の実現を! 

 


[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-10 20:05 | Comments(0)

 いよいよ明日からです。
重村こうじ候補の宣伝箇所は、次の通りです。

11:30~11:45   福山駅南口

13:10~13:20   山手ハローズ前

13:35~13:45   木之庄ハート前

14:05~14:20   福山民商

14:30~14:45   多治米町タイム前

14:55~15:10   多治米町宮脇書店

15:20~15:35   新涯ハローズ前

15:45~16:00   ハート新涯店

16:10~16:25   草戸町オンリーワン

16:35~16:45   南本庄エブリイ前

18:25~18:40   みゆきエブリイ前











[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-09 19:27 | Comments(0)

 市議会議員通信「かわら版」の349号の完成です。
今回は、大雨被害軽減策について、決算議会での論戦の様子をお知らせしています。
c0344374_15510108.jpg
「しんぶん赤旗」に、はせこんで皆さんにお届けしています。



[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-06 15:52 | Comments(0)

怒濤の毎日デス

 バタバタ解散のために、怒涛の毎日を送っておりますが、会う人会う人「忙しいじゃろー」とねぎらいの声をかけてくれます。
「やっぱり護憲勢力が頑張らな」とか「今度は、共産党がガンバリ時だな」とか、「政権交代のチャンスですなあ」など、色々な声が寄せられています。
c0344374_14310531.jpg
昨日は、大平よしのぶ前衆院議員が来福し、市内一円を街頭宣伝。
c0344374_14310556.jpg
通りがかりの人が足を止めて聞き入ったり、のど飴の差し入れがあるなど、盛り上がっていました。
c0344374_14310660.jpg
 長短期間の選挙戦で、選対本部はしっちゃかめっちゃかの怒濤の毎日です。
c0344374_14310617.jpg

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-06 14:39 | Comments(0)

総選挙勝利へ一大決起!

 解散総選挙の日程がきまり、今日は日本共産党の全国決起集会でした。慌ただしい毎日を送っていますが、立ち止まれば、いまは歴史的な分岐点。
野党と市民の声が政治を動かす、一大決戦のまっただ中にいます。
c0344374_19023519.jpg
 志位委員長の報告を聞いて、ますます元気になっており。

 わき目もふらずガンバリ中です。

総選挙必勝全国いっせい決起集会のリンクはこちらから

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-03 19:08 | Comments(0)

 神辺文化センターで、広島県大会と合同で開かれた福山市母親大会は、今年で63回目になる、年に一度の大会です。
「生命を生み出す母親は声明を育て声明を守ることをのぞみます」を合言葉に、福祉や医療、教育や、労働法制などを考える分科会と、全体会が開かれました。

 午前中は12のテーマの分科会が開かれ、「私たちののぞむ『働き方』」について考える分科会に参加してきました。

c0344374_16472988.jpg

 私は、議員になる前は、あるIT企業の研究開発の仕事をしていましたが、『超』がつくほどのサービス残業が横行する「スーパーブラック」企業でした。
 当時の職場では「(午後)10時が定時」が合言葉で、サラリーマン時代には、社宅に帰ったら眠るだけ、繁忙期には会社に泊まり、という生活を送っていたものです。
 死ぬほど働かされ、同僚がどんどん体を壊したため、会社に単身で交渉し、残業代を全額、支払させる事などをした事があります。。。。

 分科会では、そんな当時の過酷な体験を思い出させられる話でした。

講師の長久啓太さん(岡山県労働者学習協会)は、「日本は残業大国ニッポン。とくに正規労働者の長時間労働が野放しになっている」「こんな社会を変えるため、労働者が集まり、語り、要求を出し合うことから一歩を」と提起し、まさに「わが意を得たり!」の思いでした。

参加していた20~30代の人からも「夫が、日付が変わらないと帰宅しない」「職場で休憩時間も取れない位、毎日が忙しすぎ」など、深刻な実態が次々と出されていました。

「働くものの権利を大切が大切にされる社会を!」と、議員になる前に誓った初心を思い出させてくれる分科会でした。

c0344374_16472703.jpg

午後からは、神辺町で活動する「夕日の里合唱団」の、美しいハーモニーの合唱で幕を開け。

c0344374_16472836.jpg

(故)菅原文太さんの夫の菅原文子さんの講演会でした。

c0344374_16472880.jpg
「学びの秋」の一日でございました。




[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-10-01 17:08 | Comments(0)

 企業会計決算議会の、福山市民病院会計の質疑では、市民病院が払っている消費税額を聞きました。

すると、2016年度は「約6億8千万円」支払った、とのことでした。

c0344374_13250977.jpg

 さらに、年度末に申告して支払った消費税額は1826万円だったそうです。
 この年度の、市民病院の純利益は、1612万8千円だったので、消費税の方が、純利益より多いのです!

 
これには、市民病院もまいっていました。

 そのため、全国の自治体病院でつくる団体である「全国自治体病院開設者協議会」が、国に対し、「医療機関に消費税をかけるな!」と要望しています。
 質疑では、国がどのように回答したか聞きましたが、「回答なし」とのことでした。
 
 全く不愉快な話です。

消費税10%なら8億5千万円の負担!

 2019年には、消費税が10%へ引き上げられようとしており、影響額を質問すると、「消費税が10%になると、8億5千万円の負担。1億7千万円位、いまより負担増となる」との答弁でした。
これには、他の議員さんからも「たかすぎる!」との声が出されていました。

 市民病院にとって、消費税の負担が大きすぎて経営を圧迫するため、国に対し「消費税を還付か控除するよう要望している」とのことでした。

 8%でも、大きな負担なのに、10%になると甚大な被害がでることは、間違いありません。

 市民病院として、他団体と連携して「消費税増税中止を!」の声を上げなければなりません。

 
ちょうど解散総選挙が始まりました。
庶民いじめ消費税を押し付けた、安倍政権を退陣させる、絶好のチャンスです。


[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-09-28 13:29 | Comments(0)

 9月27日の決算議会では、下水道事業での、雨水対策の強化について取り上げました。
 最近の異常気象により、都市の大きな課題の一つが、大雨被害による浸水対策です。
 福山市は、「雨水管」という雨水を排出するための下水管を、道路の地下に埋めて、災害を防ぐ工事を長年行っています。
ところが、これは、口径が小さく、1時間の雨量が42㎜しか対応できません。
 しかも、これまでの工事の進捗率は、52.9%。

100%工事が完成する時期は「未定」との答弁で、まだまだ抜本対策にほど遠いことが判明しました。
 そのため、雨水管の工事を早め、浸水対策を強化するよう要望しました。

 
 最近の雨の降り方は、一度に大量に降るため、行政が公共工事を完成させるのを、待つだけでは済まないくらい深刻です。

 都市化に伴い、畑や田んぼが減少して土地の保水能力がなくなったため、浸水被害が出ると言う、都市型被害が市内で増えているからです。

 そのため、議会では、家屋から、道路へ雨水が流れ出ないよう、雨水タンクの設置の促進を求めました。

c0344374_12475208.jpg

 さらに、逆に道路から、家屋へ雨水が流れこまないようにするために、止水板を設置するなどの防御策も効果があります。

 雨水タンクの設置と、止水板の設置をどのように考えているか聞いたところ、「効果がある」との答弁でした。

c0344374_12480501.jpg

他市では補助制度をつくり促進


 雨水タンクは、全国では、タンク設置の助成制度を設けています。
 例えば、岡山市は、容量80ℓ以上の雨水タンクを設置した場合、設置費用の3分の2、上限3万円までを市が補助し、雨水の流出抑制につなげています。
倉敷市は、100ℓ~500ℓのタンクを設置した際、費用の3分の2か、上限10万円を補助します。

 また、止水板の設置は、西宮市、仙台市、枚方などで、工事費の補助制度を作っています。 

c0344374_12480530.jpg

 例えば、仙台市は、大雨による浸水被害が発生し、「局地的に1時間に50㎜以上の激しい雨は、下水道の整備水準を超える雨であるため、行政の力だけでは、浸水被害を防ぐことは困難」として、建物への浸水被害を軽減するための、止水板施設を設置した際、上限50万円か、工事費総額の2分の1を補助します。

c0344374_12475257.jpg
 

 行政が、雨水管路やポンプの敷設など、必要なハード整備を行うことは第1義的課題ですが、それ以外にできる対策はどんどんやるべきです。

雨水を出来るだけ道路に出さない、被害を最小限に食い止めるため、雨水タンクの設置と、止水板の設置の周知・啓発と、補助制度を作るよう要望しました。


[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-09-28 13:08 | Comments(0)

決算議会で奮闘中!

 企業会計決算議会の真っ只中です。
福山市民病院の事業や、水道・下水道・工業用水事業について、数字とにらめっこ。
c0344374_19350092.jpg
 福山は「水道料金や下水道料金がたかい!」と言われますが、市民の立場に立った運営を求めて、ガンバリ中です。

机の上は、原稿と資料まみれ。

明日まで、バタバタ騒ぎは続きます。

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-09-27 19:37 | Comments(0)