ブログトップ

TPP反対の旗はっけん

水呑町の農協で、「TPP断固反対」の旗が掲げていました。

まったく同感です。

農協さんガンバレ!と思い、記念に
[emoji:v-212]。。。

c0344374_13161399.jpg


c0344374_13161377.jpg


「いまの政治は、あまりにもひどい」との、たくさんの声を聞きます。
 農協の皆さんの「TPP反対」はもちろんのこと、消費税増税と、医療制度や年金切り下げ、保育制度の解体など、「社会保障と税の一体改革」との大改悪。
それに加えて沖縄の普天間基地移転や、大臣の相次ぐ失言。。。。日本の代議士って、ここまで情けないのか、と怒りの声ばかりでした。

 どうして、日本の政治は、こんなに国民無視でしょう?

 日本共産党は、「科学の目」を使い、その原因を分析しています。
 
 日本政治の体たらくの背景には、歴代政権の「アメリカの使い走りと財界言いなり」路線があります[emoji:v-29]。
 
 例えばTPP。この本当の狙いは、アメリカの多国籍企業のもうけを優先したいために、アメリカ企業に日本の市場を明け渡すこと。野田総理はアメリカから要求されたことに「NO」とは言えないのです。普天間基地でもそう。

 消費税増税と、社会保障の改悪は、日本の巨大企業が、法人税をさらに払いたくないために、日本政府に圧力をかけたから。首相はここでも「NO」とは言えません。

なぜなら、財界団体から『色々な』支援を受けているから。
町でいろいろ話をすると、こんな話しがもちきりです。[emoji:v-34]

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-12-04 17:43 | Comments(0)

市内の保育所で『「子育て時代」と保育所の役割』と、題した保育講演会がありました。
講師は、早稲田大学の増山均さん。この先生は、子どもが5人もおられる豊かな子育て体験から、「子どもを中心にした」保育、子育て地域つくりを提唱している、保育問題の研究者です。

増山先生は福山市内の保育環境について「福島原発事故の影響で、関東や福島県内では、園庭で安心して子どもが遊ぶことができない環境がある。安心して外で遊べ、安心して給食を食べれるというだけで、幸せな子育て環境です」と切り出しました。

東日本大震災が日本に投げかけた問題として、「『保育所や学校』が最大の避難所となっていた。人と人とのつながりの大切さを再認識させられた。」と話します。

いま、日本は「子育てが難しい時代」とよく言われますが、100年以上昔の日本には、地域の子育て力が備わっており、子どもは「親だけが育てる」というものではなかった」と話します。
 
 今の少子化は、日本の将来にとって、最大の困難であり、このままのペースで少子化が進めば、子どもは絶滅危惧種となってしまうほどの危機的状況です。
これが、日本の力を弱めていて、地域の中で、年齢の違う子ども同士で遊んだり、けんかをしたり色々なことを学び、もまれる中で育った子どもが、社会に出ないと、日本の未来は、ない、と危惧します。

 昔の子育ての仕組みについて、エドワード・モースというヨーロッパの教育学者が「日本の子育てはすばらしい」と絶賛したことがあります。
それは、昔の日本には、地域に異年齢集団の子ども達が、遊びを通じて育ちあう環境があり、それを見守る地域のお年寄りや、大人たちの集団があり、その社会のつながりの中で、子どもが失敗をしながら、一人ひとりが強くなっていったからです。ところが、現在の日本は、両親が共働きなどで、子どもへ時間を割けないという、問題があります。

そのため、保育所や学校を中心にして「親同士がつながりを作るということを大切にし、子どもがさらに年齢を重ね、思春期を迎えたときに、つながりとなる、将来的な準備が必要です」と訴えます。

そして、その再生の方法として、保育所を中心に「子どもを中心とした『子育てネットワーク』をつくり、それを地域に広げ、その地域を日本全体に広げよう、と訴えました。
さらに、「日本の子どもが安心して育てられるシステム」とは何か?
と問いかけ、それは① 現金給付など、公費による安心子育てシステム ② 保育所の増設など、現物給付の充実 ③ 地域の子育てネットワーク
と、三つの点の大切さを提唱しました。

増山先生は、穏やかでユーモラスな語り口です。小さな子どもを連れたお母さん達と一緒に、子育てのすばらしさと、安心して子どもを育てられる社会をつくることの大切さを学びました。

c0344374_13161212.jpg

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-12-03 17:07 | Comments(0)

時間がない!

昨日(2日)は、久しぶりに体力温存のため、1日休暇をもらいました。

お墓参り行って、実家に帰り掃除して、母親の面倒見て。。。。

あわただしい毎日から解放されて、体力もリフレッシュし12月議会へ向け、フルスパートです。

気がつけば、12月9日の代表質問の原稿がまだ、一本もできていない[emoji:e-263]
 大慌てで、静かな市役所でパソコンと膨大な資料と格闘しております。
c0344374_13161258.jpg


体が二つあればいいのに。。。。。と、ぼやいております[emoji:e-351]
[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-12-03 11:50 | Comments(0)

12月議会が、今日から始まりました。

議会の前には、必ず市民の皆さんから市政全般にわたる要求を聞いています。

今日は、道路問題の運動をしている会の皆さんから話しを聞きました。

大型道路建設計画に反対し、豊かな自然を残そうとしている市民の生の声です。

こうやって、具体的な生の声を議会へ届ける活動を続けております
[emoji:e-318]
c0344374_13161105.jpg


昨日の「福山放射能マップ」を「ダウンロードしたい」との要望をいただきました。

市議団のホームページにアップロードしています。ダウンロードしてご覧下さい
[emoji:e-434]

福山市放射能マップダウンロード
[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-12-01 15:40 | Comments(0)

放射能マップ できたぁ

福山放射能マップできましたぁ
c0344374_13150367.gif


9月から市内のあらゆるところを測定していて、データ整理に手間取っていました。 代表値を一枚の地図に落とし込む作業で四苦八苦
c0344374_13154819.gif


初めての作業なので、少ないパソコンの知識で、悪戦苦闘して、なんとか一枚の紙にまとまりました。
c0344374_13161129.jpg


pdfファイルをダウンロードできればいいのだろうけど、、、、このブログはそれが出来ないことが判明
c0344374_13150323.gif


残念ながら、詳細な画像ではありませんが、市内は全て0.2μSv/h以下で、今のところ問題ない、ということが一目で分かります。

第2弾の計測も計画中です。

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-30 15:55 | Comments(0)

今日は、三吉コミュニティセンターで「福祉を考えるつどい」に参加しました。

障害者福祉にかかわる、保護者のみなさんや施設の職員さんや、関係者など18人が参加し、震災ボランティアのこと、原発事故後の日本のこれからのこと、福山市の福祉施策のことなど、多岐にわたる話題に盛り上がりました。
c0344374_13161029.jpg


いまの日本は、大震災と、原発事故という2つの危機に直面しています。
好むと好まざるとにかかわらず、これから、日本人は放射能と付き合っていかなければなりません。
いまの時点でも、福島原発からは0.8憶ベクレル/時の放射性物質が放出されていると言われますが、日本は本当に大変な危機です。

そんな中、政治の責任は、一刻も早い「住民目線」の復興です。
それなのに、今の政治ときたら。。。。。

そんな話をしながら、参加した皆さんからの切実な要望を聞かせてもらいました。

c0344374_13161113.jpg

パワーポイントと、PCを使って、いろいろ説明しました。
みなさんの意見がきけて、これからの議会活動の参考になりました
[emoji:e-48]
[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-29 22:42 | Comments(0)

11月もあっというまに月末になり、なんだか、毎日があわただしく感じます。

今日は午前中は議員団の会議、午後からは、多治米事務所で話し合い、それが終わったら、すぐに津之郷の党事務所で選挙対策会議。。。。
終了後、3時間以上、地域のあいさつ回り。。。。くたくたになって、家に着いたのは、午後8時でした。

それから、パワーつけるために、今年初の「一人鍋」。 

白菜としいたけ、豚肉と、ねぎをたっぷり。。。さて、何で味付けよう
c0344374_13154819.gif
 と、台所を物色したところ、モモヤの「キムチの素」発見
c0344374_13153058.gif
  今日はついてるざんす。

おもむろに、一人用ミニ鍋に、“キムチ素”を適量入れて、煮込むこと20分。ぐつぐつぐつぐつ 
c0344374_13160960.gif


できあがり。
c0344374_13161095.jpg


美味でございました
c0344374_13161009.gif


ふゆは、鍋に限ります。

12月議会が始まります。 鍋食って、元気出して、質問原稿の執筆にとりかかりました。

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-28 21:19 | Comments(0)

高校生 がんばる!!

今日(日曜日)も、朝から晩まで、新聞あかはたの集金や、いろいろな会合への出席、街頭宣伝などで、"濃密”な一日を過ごし、てあっという間にとっぷり日が暮れました[emoji:e-49]

 アパートに帰って、少しのんびしりていたら、玄関で『ピンポーン』。。。。。[emoji:e-3] ドアを開けてみたら、見たことのない、制服を着た女の子が立っていました。 聞けば、おかやま山陽高校の吹奏楽部、だとのこと。。
「年末に吹奏楽部の定期演奏会があるので、チケットを買って下さい」と、近所を一軒一軒、たった一人で歩いて訪問活動していたのでした。
しかも、いま住んでいるマイアパートの、前の住民さんだそうです。マイハウスのポストには、その高校生さんの子ども時代に、いたずらで貼ったシールがそのままになっていたのですが、そのシールを「懐かしいぃぃ」と、眼を細めていました。

 この生徒さん。チケットは、町内を全件訪問したのに、まだ一枚しか売れてない、とのこと。「けなげだな~」と思い、一緒にチケットを売りに歩きました。
c0344374_13160912.jpg


幸い、チケットは、近所の知り合いの方と、マイ叔父が買ってくれ、高校生さんのノルマは無事完売!![emoji:e-202]
あとは、演奏へ向け、がんばって練習あるのみです。
 玄関で、緊張しながら一生懸命「チケットを買って下さい」とお願いする高校生さん。。とても、立派で、ひたむきで、胸が熱くなりました。

おかやま山陽高校吹奏楽部は、今度アメリカに「演奏合宿」に行くそうで、吹奏楽には人気は力を入れてます。
機会があったら、ぜひ応援してあげて下さい。

第21回 おかやま山陽高校吹奏楽部 定期演奏会
●倉敷市民会館
●2011年12月27日(火)
●18:00~

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-27 20:01 | Comments(0)

立派な日本庭園のような木が、紅葉をはじめていたので、記念に写メでぱちり。
c0344374_13160832.jpg


どこだと思いますか?

草戸町の五本松公園。 福山市体育館の隣の公園です。

幼い頃の遊び場で、庭の手入れも行き届き、年末にむけて慌ただしい中、ホッと一息つける場所です。

c0344374_13160970.jpg


今日も一日、走り回っております。[emoji:v-30]
[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-26 16:38 | Comments(0)

放射能汚染された震災ガレキ処分について羽田市長と懇談しました。

 市長は、「被災地の実情を考えると、震災ガレキの処分は手伝うべきだとは思うが、その場合でも、その処分費用は、福山市に出させるのは、どうかと思う。国が責任を持って、費用を出すことが必要だ。しかし、放射能汚染された震災ガレキは、まったく別問題だ。」「(放射能汚染されたガレキについて)国は、ころころ基準を変えているし、しかも、その基準も『安全だ』などと言って、とてもあいまいだ』。放射能汚染ガレキは、慎重に国の動向を見ないと、いけない」と話しました。
c0344374_13160746.jpg



申し入れた要望書の内容は以下の通りです[emoji:e-34]


 福島原発事故による放射能汚染から市民を守り安全と安心を求める緊急要望書

 福島第一原発事故から、9ヶ月近くが経過しましたが、いまだ事故収束の目途が立っておらず、多くの住民が厳しい避難生活を強いられています。
 原発事故現場から遠く離れた地域でも、放射能汚染による不安が広がっています。
とりわけ、放射能汚染された可能性のある「震災ガレキ」処分の問題は、市民の大きな不安です。新聞報道によると、環境省は、「震災ガレキ」処分について、「放射性セシウム1キログラム当たり100ベクレル以下は問題ない」とする指針を発表し、広域処分の協力を全国知事会に要請した、とのことです。

 福山市の焼却施設等は、「震災ガレキ」の受け入れには余剰能力がある、とのことですが、広島県からの意向調査では、受け入れは「未定」と回答しています。
仮に、放射能に汚染されてしまった「震災ガレキ」を市内に持ち込めば、周辺環境は、長期間、放射能にさらされ、焼却した場合は、セシウムなどの放射性物質が市内へ放出されます。例えば、箕沖処分場地域では、海風の影響で、放射性ガスが箕島町や水呑町などの周辺住宅地へ拡散され、健康被害が懸念されます。現在のゴミ処理関連施設は、放射性物質を完全に捕集する能力が備わっておらず、新たに多大な設備投資も必要な上、焼却残渣に放射能が濃縮されるため、その取り扱いは、常に被曝の危険が伴います。
 「震災ガレキ」の受け入れに関して、11月7日に、市民から800人分の署名とともに「震災ガレキを受け入れないこと」を求める市長宛の要望書が提出されましたが、住民合意が得られないまま、拙速に「震災ガレキ」を受け入れることは行わず、放射能汚染の完全な実態調査、住民への丁寧な説明と合意形成を行うことが必要です。以上の事を踏まえ、次のことを要望します。
(要望項目)
一.住民合意の得られない放射能汚染された「震災ガレキ」の受け入れは、行わないこと。
一.「震災ガレキ」の受け入れに関わり、市民への丁寧な説明と、徹底した合意形成を行うこと。
一.放射能・内部被曝に関する人体への影響等、市独自で最新の知見の十分な研究を行うこと。  
                                                 以上

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2011-11-24 12:30 | Comments(0)