ブログトップ

2018年 09月 30日 ( 2 )

 福山市内では西日本豪雨災害の爪痕が残っているにもかかわらず、台風24号の大雨で一部の地域に早くも浸水被害が出ています。
住民の方から「道路から水が溢れてる!」と緊急連絡があったので、現場へ急行しました。
c0344374_17495569.jpg
すると、マンホールから水が大量に逆流し、あたり一面水浸し。
c0344374_18033121.jpg
車が交差点で立ち往生したり床下浸水したり、とたいへんなことになっとりました。
c0344374_17495511.jpg
福山市役所では、災害対策本部を立ち上げているのですぐに職員に連絡をして。担当者に来てもらいました。
c0344374_18033170.jpg
そして、交差点が水没していたので、警察と連携して交通規制をしてもらいました。
c0344374_17495431.jpg
道路冠水がひどい地域では、自動車がつくる波が室内に入り込み、浸水被害がひどくなることがあります。
c0344374_18033190.jpg
また、エンジンに水が入り途中でエンストするなど、水の中を車が入るのは絶対に避けなければなりません。
c0344374_18033104.jpg
ところが、このお宅の家の前をどんどんと車が通り、お店にみるみる水が入ってきていました。
c0344374_17495592.jpg
幸いにもすぐに、市役所の職員さんが対応してくれて、とりあえずは交通規制ができて、水の流れも止まりました。
c0344374_17503321.jpg
とはいえ、この地域。

あたり一面が冠水しており、たいへんな状況です。

排水ポンプの整備など、課題は山積しております。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2018-09-30 17:58 | Comments(0)

悲しい事故

 27日の夕方、福山市教育委員会から緊急連絡がかかってきました。
内容は、神辺町の踏切で小学生が電車にはねられて死亡した・・・とのこと。

 あまりにも悲しい出来事で、親御さんの気持ちを考えると、いたたまれない気持ちでいっぱいでした。

28日には、議員団で現場調査へ行きました。

c0344374_17350517.jpg
この場所は住宅街のそばにある遮断機のない踏切で、生活道路として地域住民が日常的につかっている道です。
c0344374_17350446.jpg
以前、この踏切のすぐそばで、今回と同じような事故があり、高木たけし市議と辻つねお県議がJRに安全対策を申し入れた矢先の今回の事故。
「横断注意」と新しいペイントで大きく注意書きはありますが、周囲には遮断機も警報器もありません。
c0344374_17350407.jpg
一刻も早く、安全対策た必要です。
c0344374_17350458.jpg
週明けには、議員団でJRへ安全対策の申し入れを行う予定です。

尊い命が二度と失われないよう。
JRは安全対策を万全に行うことが必要です。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2018-09-30 17:42 | Comments(0)