ブログトップ

ため池転落死亡事故の根絶を!

 市から、芦田町のため池で転落死亡事故が発生した、との報告をうけ、現地を調査しました。
c0344374_19512567.jpg
 現場にはガードパイプなどはなく、護岸も草が生い茂り、一歩間違えれば滑り落ちそうな状況でした。
消防のための防火水槽としても活用されているそうですが、一見して安全対策がおろそかになっていました。

 福山市は、広島県内で、貯水量が1000トン以上のため池だけでも779か所。小規模のため池を合わせれば2000か所以上ありますが、転落防止対策や防災対策は不十分です。

これから始まる9月議会で、安全・防災対策を重視するよう求めます。

また、この場所の近所の崖は、7月の豪雨災害で土砂崩れが起り、未だ復旧されていませんでした。
c0344374_19512546.jpg
地割れも起こっており、台風による2次災害が心配されます。
c0344374_19512524.jpg
市は、「個人所有の土地の復旧はできない」との姿勢ですが、深刻な状態です。
c0344374_19512515.jpg
これまでの枠にとらわれない、新たな制度を作るしかありません。
国会議員や県議と連携し、早急に対策を考えることになりました。
c0344374_19512438.jpg
命と財産を守る、温かい市政を実現するかどうかが問われています。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2018-08-22 20:01 | Comments(0)