ブログトップ

「しあわせの庭」解雇者のいのちとくらしを守れ!

 17日に、福山と府中両市の障害者就労継続支援A型作業所「しあわせの庭」が破たんし、利用者112人と職員32人が、突然解雇されました。

 この事業所は、10月と11月に、利用者にも職員にも賃金を払っていません。
 利用者は、ショックで食事が摂れなかったり、家賃や水光熱費が滞納したり、子どもがのミルクやオムツが買えない、など、深刻な状況に陥っています。

 福山市は、11月21日の民生福祉委員会で「利用者の保護と安心、安全のために全力を尽くす」との決意を表明しましたが、実効ある具体的な支援が必要です。

そのため、22日、市長に対し、緊急要望書を提出しました。

c0344374_19073882.jpg
 対応した局長は「利用者保護のために万全の態勢で対応する。」「個別のケースに即した、細やかな対応をする必要があり、市としても対応する」と明確に答えていました。
c0344374_19073967.jpg
寒い日が続く中、一人たりとも障害を持った方とその家族が、命の危険に陥ることは許されません。

一人一人の命とくらしを守るために、全力をつくしています。

市長に要望した、第1次要望項目は、以下の通りです。

【要望項目】
1.利用者は福山市だけでなく、尾道市や府中市など近隣自治体におよんでいます。行政の責任で訪問調査を行い、全ての利用者の安否確認、心身の状態や生活実態把握を緊急に行うこと。その際、必要に応じて、保健師を派遣し不安軽減を図ること。

2.利用者や家族、職員の生活保障が緊急課題です。失業給付や社会保険が支給されるまでの間のつなぎ資金を早急に給付すること。

3.水道、電気、ガスなどのライフラインを停止しないよう、関係機関へ要請し、個別対応すること。

4.自力での移動に困難を抱える利用者は、市役所での説明会に参加できない状況が発生しています。必要に応じバス・タクシー券を緊急配布するなど、交通手段の確保を行うこと。

5.広島県やハローワーク等関係機関と連携し、ワンストップで対応できる「緊急総合相談窓口」を開設すること。生活再建、労働相談、医療・こころの不安の解消、債務整理の相談など、一元的に解決できる窓口とすること。その際、窓口に来られない人には、市が訪問等で対応すること。

6.「緊急一時給付金制度」を創設すること。

7.失業手当の前倒し支給を、国等、関係機関と連携して早急に行うこと。

8.災害備蓄倉庫の物資を開放するなど、必要な生活物資を提供すること。

9.必要に応じて、生活保護を即日給付すること。


                                 


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-11-22 19:22 | Comments(0)