ブログトップ

ボロボロ校舎を直せ!

  市内のある中学校の校舎や設備が老朽化しているので「見に来て!」と相談があったので、現地調査に行きました。
この学校は、創立50周年の500人超の生徒を抱える大規模校ですが、これまで体育館や校舎のリフォーム工事は一度も行われていません。

 そのため校舎のいたる所がボロボロ。

c0344374_20241787.jpg
 割れたガラスがセロテープで応急処置されたまま何年も放置されたり、理科室の実験台の水道が水が出なかったりしていました。
c0344374_20241686.jpg
c0344374_20241723.jpg
また、渡り廊下の雨漏りや、コンクリートの劣化や爆裂、破れたカーテンや、割れガラスむき出しの棚・・・中庭には、剥離したコンクリートがゴロゴロ放置。
c0344374_20241572.jpg
校舎のあらゆるところがひどい状態で、見ていて切なくなりました。
c0344374_20241555.jpg
 

案内してくれた先生も「落ち着いて授業に身が入る安心した学校環境を作ってあげたい」と。

c0344374_20241539.jpg
教育委員会に「せめて水道から水が出るように」と要望を出しても、長期間手つかずだそうです。
c0344374_20241528.jpg

国会議員と一緒に調査すれば良かった!と思うほど、劣化が激しい学校でした。

c0344374_20222065.jpg
福山市は教育予算をもっと増やすべきです。
c0344374_20230003.jpg

市内には、ほかにもボロボロ校舎が残っているのでは???

c0344374_20221878.jpg
徹底的な調査が必要で、声が寄せられればどこにでも行く覚悟です。

c0344374_20221895.jpg
これから始まる6月議会で取り上げて、一刻も早く、安心しで学校に行けるよう、ガンバリマス。

c0344374_20221835.jpg
c0344374_20221864.jpg



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-05-30 20:27 | Comments(0)