ブログトップ

日韓の平和遺産「朝鮮通信使」をユネスコ記憶遺産に!

 本日は、鞆の浦2日目。

c0344374_14545097.jpg
 昨日から鞆で行われていた「21世紀の朝鮮通信使・鞆」の全国交流集会に参加しました。
 
「朝鮮通信使」とは、室町時代から江戸時代にかけて、朝鮮が日本に派遣した外交使節団のことです。
豊臣秀吉が行った朝鮮出兵で、一時途絶えていましたが、その後、徳川幕府の特別の命令を受け島津藩が粘り強く交渉して、1607年から復活しました。

 朝鮮通信使の日本訪問は、両国がお互いに相手を尊重し、対等の立場で交流を続ける行事で「誠信の交わり」と言われています。

c0344374_14545176.jpg
 世界は今でも争いが絶えず、テロによる無差別攻撃も後を絶ちません。
c0344374_14550707.jpg
 日韓や東アジアでも、国家間は決して良好とはいえませんが、そんな時代に、朝鮮通信使が残した「友好・異文化共生」の文化は、いまの国際社会に大きなヒントを与えるでしょう。
c0344374_14550682.jpg

 さらに、この朝鮮通信使は、今年の秋には、ユネスコの「記憶遺産」に登録されようとしており、鞆の町並みの重伝建選定とあわせて、友好の機運が一気に高まります。

c0344374_14550757.jpg

やっぱり平和でナイト! と確信する一日でした。

c0344374_14550849.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-03-12 14:58 | Comments(0)