ブログトップ

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。
11年ぶりに中国ブロックの衆議院議席の奪還という、悲願が達成しました。大平よしのぶ衆院議員は36歳。私と同世代の国会議員を獲得したことにより、福山市と国政とのパイプが太くなり、具体的に政治を動かせるようになりました。わくわくする2015年の幕開けです。『日本共産党がのびれば政治は変わる』―こう実感できる活動をしようと決意を新たにしています。4月には広島県議選です。ここでも躍進し、いのち、くらし、権利が守られる政治をご一緒に実現しましょう。


2014年の振り返りと今年の目標
議会活動について
 市議会では引き続き文教経済委員会に所属しています。「リム・ふくやま」をめぐる税金の使い方について、公正・透明な支出を求める立場から行政を追求し、議案提案権を行使して、予算組み替え動議を提出しました。
残念ながら『オール与党』の反対により修正案は否決されましたが、今年も行政を厳しくチェックする立場を貫きます。
活動報告について
 議員活動は、「ゆりかごから墓場まで」と言われるほど多岐に渡ります。ところがそれらの議会内外の様々な活動は、ほとんどお伝えできていない状況です。フェイスブッグやツイッター、「土屋とものりよもやまブログ」やこの「土屋とものりかわら版」の発行で活動をお知らせする取組を強化します。昨年の公約だった「かわら版」の地域への配布は、毎月約2千枚を配布しましたがこの活動も強化し、今年中に300号を目指します。

要求実現活動について
 2014年は、箕島町に予定されている産廃施設「カムテックス」建設計画の調査や、「リム・ふくやま」を巡る商業施設特別会計の追及、秘密保護法廃止を求める運動や集団的自衛権行使を撤回させる運動など、環境と税金のムダ使いのチェックし、平和を守る運動に取り組みました。この取り組みを継続しもっと多くの人に知ってもらうよう努めます。

生活相談活動について

国民の苦難を軽減することを立党の精神とする日本共産党にとって、日常的な相談活動は大切な取組です。昨年は継続相談も含め、グラフのような傾向でした。 

c0344374_09091855.jpg
 大増税や福祉の削減により、格差と貧困の拡大を実感します。また隔月に弁護士との「無料法律相談会」に取り組んでいますが、政治の仕組みを変えなければ解決できない事も多く、この活動を重視します。
今年もどうぞ、宜しくお願い致します。
c0344374_09110532.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-01-01 09:11 | Comments(0)