ブログトップ

 22日に、全員協議会が開かれ、2017年度から5年間の重点プロジェクトや、今後の施策を5分野29項目の政策をします、福山市総合計画が審議しました。

 これは、福山市の最上位計画に位置付けられるもので、この計画に従って、今後の市政運営が進められます。

 
 「駅前再開発」「子育て支援」「産業づくり」「教育」「歴史・文化」と、市長の重点政策が盛り込まれ、約130億円かかる総合体育館整備や、北産業団地二期工事、駅前再開発など、大型公共工事が並んでいました。


 計画の前提条件として、「人口減少社会を迎え、財政が厳しくなる」と謳っているにも関わらず、大型開発優先で良いのか? 
 他の会派の議員からも財施の長期見通しについて、質問が上がっていました。

 
 福山市内の市民が元気に活力をもって、市内で働きお金を稼ぎ、住み続けるよう、持続可能な社会を作るためには、産業政策が大切です。
 大型公共事業で、東京など大手ゼネコンばかりに仕事が回るようでは、市民にはあまり恩恵がありません。
 
 それよりも、市内の90%以上を占める、中小・零細企業へ市内の仕事がまわり、雇用が増えるような振興政策に予算を使えば、おのずと活力が生まれます。
そのため、東京都墨田区や、東大阪市は、市の総合計画の重点政策に「中小企業・零細企業振興」を掲げ、「中小企業が元気なまち」として全国に名をとどろかせています。

 ところが、「中小企業のまち福山」と言いながら、福山市の総合計画には「中小企業」という文字はたったの4カ所しか出てきていません。

 質疑では「中小企業・零細企業の支援政策を、もっと光を!」「中小企業政策こそ、福山市の重点政策に」と求めました。

 
 担当部長は「福山市の大半は中小・零細企業で成り立っており、中小企業政策は極めて重要」「具体的な振興策をこれから策定する」と答えていました。

 
農業や漁業、サービス業や製造業など、市内の企業はほとんど全部が中小・小企業です。
 
これまでは、ほんの一部の巨大企業へ、潤沢に補助金を投入したり、設備投資減税をしてきましたが、このようなやり方は今の時代に合わなくなっています。

「中小企業憲章」に基づき、中小・小企業が生き生きと活動できるよう、福山市の責任は重大です。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-23 09:12 | Comments(0)

 毎週少しずつ発行している議員通信「土屋とものりかわら版」 No332が完成しました!
c0344374_09121166.jpg
 しんぶん赤旗にはせ込んだり、地域に配ったりしてみなさんにお届けしています。

ぜひご覧下さい。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-17 12:12 | Comments(0)

 4月以降、東中、鷹取中、精華中、松永中、大成館、一ツ橋中学校、の6中学校で、さらに2018年度からは、大門中学校で、中学校給食が実施されます。

c0344374_13195420.jpg
 あわせて、小・中学校のトイレの洋式化も少しずつ進んでいきます。
 4月以降で、小学校は18校364カ所、中学校は7校99カ所のトイレが様式化される予定です。


 これまで議会で繰り返し要望してきたもので、少しずつ、確実に施策が進んでいます。


 とりわけ中学校完全給食の実施は、多くのママ・パパさんの切実な願いで、いまだに、多くの署名が寄せられています。

 4月以降、まだ実施されない中学校も残っており、引き続き急いで給食が実現するよう、ガンバリマス。

c0344374_13195369.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-16 13:20 | Comments(0)

 議員通信「土屋とものり かわら版」331号目が完成です!
c0344374_15371794.jpg
 今期中に400号目指して、コツコツ発行し続けておりまする。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-11 15:42 | Comments(0)

 8日~10日までの、福山市議会議会運営委員会での、議会資料の「ペーパーレス化」に向けての、先進自治体の視察が終わりました。

9日には、埼玉県飯能市での、タブレット化推進事業、10日は、愛知県安城市を視察させて頂きました。

 どちらの自治体でも、ICT化を進めた担当議員さんが自ら出向いたり、プレゼンテーションを行ってくださり、丁寧な説明と質問にもしっかりと答えて下さりました。
c0344374_15193718.jpg
 飯能市では、「議員がどんどん外に出かけて行って、市民の声を聞いたり、議会の中身の説明に使う、持ち運びのできる情報端末として活用している」「タブレット導入はあくまで手段。ようは、議員がどのように情報を使うかが大切」と話せれていたことは印象的でした。
c0344374_15193807.jpg
 様々な資料をペーパーレス化する一方、飯能市は、予算書や決算書は、細かな数字のチェックが大切なため、紙ベースでも残している、とのことでした。
これは安城市でも同じでした。
  
 愛知県安城市では、議会サイドからタブレット導入を進めていった、という経過が特徴でした。
c0344374_15193847.jpg
ここでも、議員さんが懇切・丁寧に、予定時間いっぱいをつかって、生きいきと説明してくださいました。
c0344374_15193896.jpg
 安城市でも、「タブレットの導入に際して、細かなルールや規制を作りすぎない」「予算・決算書などは、むりやりペーパーレス化しない」といった、工夫もしていました。
c0344374_15193831.jpg
 3日間の視察を通じ、ICT化を進める際の、気を付ける点や、合意形成のやり方、タブレットを導入するメリットやデメリットなど、貴重な意見を聞くことができ、参考になる研修となりました。
 
 


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-11 15:34 | Comments(0)

 福山市議会議会運営委員会で、これから膨大な行政書類を「ペーパーレス化」しようとの計画があります。
 そのため、本日は栃木県大田原市に視察に来ています。
c0344374_20095164.jpg
大田原市は2年前に、市の執行部が「書類をIT化しよう」と市長など執行部の部局長が、タブレットを導入。大田原議会でも、議論をはじめ、今では議員の公式スケジュールや会議の出欠などは、すべてタブレットで運営しているそうです。
c0344374_20095280.jpg
 この議会では、最高齢は80歳代の議員さんがおられるそうですが、半年も使っていると「なくてはならないほど便利」とのことでした。
 
 タブレット一個のメモリーの中に、何千冊分の行政資料が入力されており、住民の皆さんから質問が出たら、瞬時に情報が呼び出せて、便利だそうです。
c0344374_20095285.jpg
 明日は、飯能市議会での、情報化推進について勉強をする予定ですが、今日の視察も非常に参考になりました。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-08 20:19 | Comments(0)

 毎週火曜日に、入舟町2丁目交差点で、早朝宣伝をしています。
今日は、これから始まる3月議会へむけての取り組みとして、子ども医療費無料化制度の拡充を求める運動や、兼業農家の市独自の支援策の充実をもとめることなど、くらし・福祉の問題を訴えました。
c0344374_08502427.jpg
 重村こうじ衆院7区予定候補も一緒にいてくれて、元気がでます。
c0344374_08502409.jpg
 まだまだ寒い朝が続きますが、今日もよい一日となりますように!

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-07 08:55 | Comments(0)

 3月議会に向けて、皆さんから要求を聞く、恒例の「市民要求懇談会」を開きました。
 「神辺町の区画整理事業を白紙撤回し、新たなまちづくりを!」「大雨や土砂崩れなど、災害に強い町を作ってほしい!」「農業をもっと大切にしたまちづくりを進めて欲しい」など、たっぷり1時間30分にわたり、ご意見・ご要望を聞かせてもらいました。
c0344374_18041098.jpg
寄せられた意見をもとに、これから質問原稿の執筆に、ねじり鉢巻きの日々が始まります。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-06 18:06 | Comments(0)

 2月25日(土)に、いま大きな話題になっている「共謀罪法案」について、中身を知る解説会が開かれます。

「共謀ってなに?」「市民生活にどんな影響があるの?」といった、素朴な疑問に、弁護士が分かりやすく解説します。

ぜひ、ご参加ください。
c0344374_12495559.jpg

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-06 12:57 | Comments(0)

 本日は、市内の介護事業所のみなさんが福山市を訪れ、「介護事業所の人材不足の改善のため、報酬単価の引き上げを!」と要望書を提出しました。
c0344374_11142967.jpg
 介護現場では、いま、介護職員が次々と離職し、職員を募集しても集まらないため、大変です。
ある事業所では、年末に若い男性介護士が「給料が安すぎて、将来に展望が持てない」と職場を退職。年末の時期だったため、補充ができず、大変な苦労をしたそうです。

 原因は、介護報酬の低さにあります。

今日は、事業所の代表の皆さんが「国に対して介護報酬単価を引き上げを」と要望しました。

 担当部長は「我々も介護現場の報酬の低さと人材不足は喫緊の課題で、解決しないといけないと思っている」と回答。
新年度、県と連携して、人材確保の新しい方法を考えている、と答えていました。

 超高齢化時代を迎え、介護事業所の役割はますます重要です。

 介護現場のブラック化を改善するためにも、報酬単価の引き上げは至上命題。
 
 国が社会保障の予算を抜本的に拡充することが必要です。




[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2017-02-03 11:28 | Comments(0)