ブログトップ

  9月議会本会議で、特別支援教育について取り上げました。
そのうち、学校支援員の増員の問題と、過密化する特別支援学校の解消について、お知らせしまs。

【質問】
 教育行政について特別支援教育について質問します。
 福山市は、「特別支援教育推進事業」として、2016年度は、学校支援員、嘱託職員50人分、9680万円の予算を計上しています。
 学校支援員とは、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもに対する学習支援や安全確保などを行う、非常勤の嘱託職員のことです。

 今年度の配置希望数、小学校57人、中学校17人に対し、現状は小学校30人(配置率52%)、中学校11人(同64%)とのことです。希望人数と比べ小学校は27人、中学校は6人不足しています。
 発達に課題のある子どもが増え、専門性を持った先生や介助員、支援員の増員が必要であるにも関わらず、配置されないのは問題です。ある校長は、「現場は子ども達の最善の利益をと、やれることはやり尽くしている。学校支援員の配置が叶わないのは非常に残念」と話していました。学校支援員は、希望校に対しては、全員配置するべきです。さらに現場では、男性の支援員も求められており、常勤、正規雇用で、処遇を改善し、専門性を確保する手立てを講じることを求めます。
 ご所見をお示し下さい。

【答弁】
 学校支援員の配置について。
 昨年度末、74校からの配置要望に対して、支援の必要な児童生徒の在籍数や実態、学校体制での支援状況を踏まえ、4月1日付けで、41名を配置しました。
 その後、当初、配置する必要がないと判断した学校や新たな学校からの要望に対して、改めて実態把握を行い、9月1日現在、4名を増員しました。
 処遇につきましては、本年度、報酬等の見直しを行ったところです。
また、研修を通して、専門性の向上が図れるよう研修内容を検討しています。


特別支援学校の過密化の解消について

【質問】 
 市内には、現在、特別支援学校が3校ありますが、わが党は、先般、福山北特別支援学校を視察しました。
 同校は、2013 年に旧自彊高校の校舎の改修等を行い、移転しましたが、小学部、中学部、高等部ともに入学者数が年々増加し続けています。

c0344374_20132610.jpg
                 福山北特別支援学校を視察しました

 
 2014年度には、337人63学級だったものが、2016年度は、397人74学級で、3年前より、約1.2倍の増加です。
 現状は、各教室が不足し、コンピュータ室と多目的室、更衣室や生徒会室、音楽室、進路指導室などの特別教室とロビーを、教室に転用しました。急速な過密化のため、様々な弊害が生じています。
 小学部では、音楽室を使えず教室でせざるを得ず、体育すら教室で行っていました。
 また、音楽室やコンピュータ室がなくなったため、カリキュラムを変更したり、一つの教室を二分割したために、隣の部屋の音で気が散り、授業に集中できない環境でした。
 給食調理室は、洗浄器具などで狭くなってしまい、給食士の作業も困難です。
 さらに、生徒の配膳台を置くスペースすらままならない状態で、現在10コースあるスクールバスの運行も、タクシーを追加して送迎しています。職員室もすし詰め状態でした。
 職員らは「早急に新たな学校を作るなど、対策を講じなければパンクする」と危機感をあらわにしていました。
 県立福山北特別支援学校に、市内から341名の子どもが通っています。「これ以上の受入れは、困難」との声も聞かれますが、教育委員会は、この現状を、どのように認識していますか。お答えください。
本年四月から、障害者差別解消法が施行されましたが、障害児童の教育環境は、他の小中学校と比べて差があり、大きな問題です。文科省は、教室不足解消のために、計画的な取り組みを促すよう通知を出していますが追い付いていません。
 特別支援学校の設置は、施設基準がありませんが、国庫補助基準の「必要面積」という基準があります。
 この「必要面積」とは、校舎建設の、国庫補助の経費を算定する際の補助の上限を定めたもので、障がい区分ごとに、在籍生徒数、学級数に応じて、面積が算出される仕組みです。
 わが党の調査によると、広島県の場合、2014年度の必要面積は、小・中学部では、9万9118㎡、高等部では、5万7347㎡でした。それに対し、実際の保有面積は、小・中学部では、8万461㎡、高等部では、3万5251㎡です。充足率は、小・中学部は81%、高等部は61%となります。この数値が低い程、過密化が深刻だと言えます。この保有面積と必要面積の差が、「資格面積」と言われます。
資格面積は、広島県では、小・中学部では、1万8657㎡、高等部では、2万2096㎡となり、この分だけ、国庫補助を追加して受けることができます。

 また、本市は、子ども発達支援センターを開設し、市立大学には、教育学部が創設され、障害児保育・教育に力を入れています。

それらの諸条件を有効に生かし、県と連携し、市内に特別支援学校の新設を求めます。
以上についてお示し下さい。

【答弁】
 福山北特別支援学校の状況につきましては、在籍児童生徒数が増加していることは承知しております。
なお、教育委員会としましては、市独自で特別支援学校を設置する考えはありません。引き続き、特別支援学校や県教育委員会と連携してまいります。

(参考資料)

福山市内の3校の資格面積は以下の表の通り、11239㎡です。
つまり、市内では、この面積だけ、特別支援学校を増設することができます。

c0344374_20145842.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-30 20:17 | Comments(0)

 芦田川に子どもが転落した事故の件で、大平よしのぶ衆院議員と、25日に緊急現地調査をしましたが、本日付のしんぶん赤旗に記事が掲載されていますので、ご紹介します。

【しんぶん赤旗 9月27日より】
 
 日本共産党の大平喜信衆院議員は25日、広島県福山市の小学1年男児が芦田川に転落して死亡した事故の現場を視察しました。辻恒雄県議と土屋知紀市議が同行しました。
 芦田川では2014年にも、今回の事故現場の約2キロ下流で小学1年男児の転落死亡事故が起きています。大平氏らが視察した二つの事故現場の流域の河川敷には駐車場が整備され、バーベキューを楽しむ親子連れの姿が見られるなど、市民の憩いの場として利用されていますが、転落の危険を周知する看板は見当たりませんでした。

 大平氏は「非常に危ないところで、死亡事故が重なっているのに、注意喚起の看板が一つもない。芦田川を管理する国土交通省の地元事務所へ、子どもにも分かりやすい看板を早急に設置するよう要望を強めよう」と提案。市の対策については土屋市議が市議会で質問する予定で、大平氏は「さらに地元の切実な声として必要なことは、国交省の本庁にも届けていきたい」と語りました。
c0344374_09114662.jpg

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-27 09:14 | Comments(0)

ホッと一息

 本日、9月議会本会議の一般質問が終わりました。
c0344374_18381103.jpg
RDF事業の今後について、や、過密化する特別支援学校の増設問題、学校図書館に司書を配置することなど、73分間、みっちり質問しました。

RDF事業については、今年中に、今後のあり方について方策を示す、との答弁でした。
c0344374_18435195.jpg
詳しい質疑と答弁については、これから随時、掲載します。

それにしても、疲れた~~~020.gif





[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-26 18:53 | Comments(0)

 昨年の今日、安倍政権が憲法違反の安保法制=戦争法を強行成立させました。
それから1年ー。  怒りの火は収まるどころか、ますます広がっています。

 今日は、全国で「憲法9条いまこそまもれ!」「戦争法の廃止を!」と、集会やパレードが企画され、福山駅前でも、土砂降りの中、100人が集まりました。
c0344374_18154895.jpg
 参加した人たちは、思い思いのアピールグッズを持ってアピール。
c0344374_18154969.jpg
 「共謀罪NO!」のプラスターも見られました。
c0344374_18154880.jpg
 集会では、各自が平和に対する思いや、メッセージ、決意を述べたあと、町なかを、アピールウォーク。
c0344374_18154826.jpg
 沿道では、たくさんの注目を集めていました。
c0344374_18155978.jpg
 パレードの時には、小雨にない、天気も味方して。
c0344374_18154832.jpg
 戦争法廃止まで、負けないぞ!と、ガンバリマシタ。

 また、早朝には、GO GO BINGO! のFMラジオに出演です。
c0344374_18075882.jpg
  これは、「市議会議員 Q&A コーナー」という定期的に出演する番組で、「4期目の抱負は?」「文教経済委員会で今期、何がやりたい?」など、質問に答えました。
c0344374_18075886.jpg
 



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-19 18:32 | Comments(0)

スッキリ!

 今日は、市役所控室の資料の大掃除。
c0344374_18570128.jpg
机の上にたまっていた、膨大な資料を分野別にファイリングして、スッキリ!デス。
c0344374_18570192.jpg
見た目にはわかりませんが、長い間、気にかかっていた仕事が完了です。
c0344374_18570182.jpg
 これで、仕事の効率UP。

 明日からも、9月議会へむけ、パワーアップです。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-18 18:59 | Comments(0)

AreyaKoreya

本日もあれやこれや、充実した一日でしたが、福山美術館の「ミケランジェロ展」が明日から開会されます。
 今日は来賓として出席させてもらいました。

c0344374_16011664.jpg

 ミケランジェロはイタリアの画家で建築家ですが、優れた芸術家ですが、ミケランジェロの原画の日本公演は、福山が最後です。

c0344374_16011651.jpg
 今日は、たくさんの方が駆けつけていました。

c0344374_16011716.jpg
 夜は市政報告会で、福山市政の最新情報についてお伝えして、要望などの交流をしました。
c0344374_21091533.jpg
 「福山ってこれからどうなるの?」「大型公共事業って具体的になに?」など、いろいろ懇談しました。
 参院選の野党共闘にも、たくさんの関心を集め、フムフムと、注目を集めていました。
c0344374_21091543.jpg
次の衆院選の野党共闘にも関心が集まっていました。


今日は国政から市政にわたって、幅広い報告会となりました。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-17 21:31 | Comments(0)

 本日は、毎月1~2回の町内での通学路見守りボランティアに参加です。
c0344374_16343849.jpg
 地元の学区では、毎月定例の日の定例の時間に、小学校から帰宅する子ども達の安全を見守るために、交差点に立って見守っています。
c0344374_16343893.jpg
少子化の影響で、1時間の見守りで通る子どもたちは、数人ですが。
c0344374_16343878.jpg
それでも、安全確保のために、町内会の方と、粘り強く続けてます。
c0344374_16343897.jpg
子どもが通らない時間帯には、町内の歴史や、町の成り立ち、最近の町の様子など、イロイロ教えてくださいます。

分刻みのスケジュールを駆け抜ける毎日が続きますが、そん中、ゆったりとした時間が流れるひと時です。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-16 16:40 | Comments(0)

 福山市が運営する、人権平和資料館を視察しました。
ここには、1945年8月8日の、福山大空襲の記録が常設展示されています。
c0344374_18182441.jpg
 貴重な資料も手で触って確認でき、本物の焼夷弾が展示されています。
c0344374_18182388.jpg
 また、実物の大型爆弾もあり、71年前の生々しい実態がわかります。
c0344374_18182398.jpg
 館内には、日本が戦争へ突き進む過程の年表などが掲載されており、平和資料館として機能を果たしています。
c0344374_18182301.jpg
 いま、再び戦争する国へ突き進もうと、安保法制が実動し、自衛隊員が今年中にも南スーダンに派兵されようとしていますが、戦争を二度と繰り返させないために、「憲法9条をまもれ」「戦争はしてはならない」とメッセージを発信し続けることが必要です。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-15 18:23 | Comments(0)

 本日は、9月11日に起きた、芦田川での水難事故に関して、管理者である国土交通省河川事務所に、安全対策を求める緊急要望書を提出してきました。
c0344374_17585569.jpg
 本日は、大平よしのぶ衆院議員秘書も同席し、事情を聴きました。
c0344374_17585566.jpg
 対応した国交省の担当者は、直接現地を見たことはないそうですが、「川に転落した際の手すりの設置」「危険!と周知する看板の設置」「HPに水難事故マップを周知するよう、改造を」「なんらかの安全対策を講じること」との提案に対し、「検討する」との答えでした。
c0344374_17585467.jpg
 芦田川の河川敷は、広く市民の憩いの場となっていますが、いったん川に落ちると、大変な事態になります。
いのち最優先で、安全対策に取り組むことを求めました。

要望書の内容は、以下の通りです。

 芦田川での児童水難事故に対する緊急要望書

  9月11日、芦田川右岸水呑大橋西詰の南東400m付近で、市内の小学1年生の児童が転落し、死亡するという痛ましい事故が発生しました。
 心より哀悼の意を表明すると共に、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。
 同日は、福山市子ども会育成協議会が主催する、「芦田川一斉清掃」が行われていました。報道によると、児童は護岸から3m離れ、水深1.2mの水中から発見されたとの事です。
 事故現場付近の水中には、コンクリート護岸が施行されていますが、護岸法面は、苔などで滑りやすく、這い上がる事は困難です。
河川財団の「全国水難事故マップ」によると、2005年にもほぼ同じ場所で、女性が溺れる事故が発生しています。さらに2014年6月には、同地点から約2.2㎞下流でも小学生が転落し、死亡しましたが転落防止策は講じられておりません。水呑大橋以南から河口に近づくほど水深が深くなり、周辺における安全対策は緊急の課題です。
芦田川への転落死亡事故を二度と繰り返さないためにも、緊急に以下の項目に取り組む事を要望します。
【要望項目】
1. 事故現場付近には、駐車場や遊具などが設置され、市民の憩いの場として親しまれていることから、緊急に転落防止策を講じること。
2. 子どもに分かりやすいよう、簡易な表現やイラストなど多用し注意喚起の看板を設置すること。
3. 中国地方整備局のホームページに水難事故マップを掲載するなど、河川の危険性を周知し、冊子配布、出前講座などの機会を通じて、安全な河川利用の啓発活動を行うこと。
4. 関係機関と連携し、水難事故発生時の対応として救助訓練や心肺蘇生の体験講習会など
を行うこと。
5. 気象情報等のメール情報に、雨量や河川の水位なども配信し注意喚起を促すこと。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-15 18:17 | Comments(0)

 議員通信320号目が完成です!
c0344374_11312909.jpg
 9月6日に行われた文教経済委員会での質疑の様子をお知らせしています。

しんぶん赤旗に、はせこんでみなさんにお知らせしています。

ぜひご覧ください。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-09-14 11:37 | Comments(0)