ブログトップ

<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 4月の福山市の政治選が近づいてきましたが、市内の小・中学校の統廃合計画が大きな争点です。
新しいチラシが出来ましたので、ご覧ください。
c0344374_11131282.jpg
 
c0344374_11131245.jpg

 詳細は、こちらから↓ ご覧いただけます。

党福山市議団 HPリンク


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-31 11:15 | Comments(0)

 議事調査課に調査を依頼していた、福山市の今年度末(2015年度末)の基金総額の最新の状況が明らかになりました。
なんと、351億7127万2230円なり!!!
c0344374_15190816.jpg
 この「基金」というのは、集めた税金の一部を、プールして貯蓄しておき、特定・もしくは、色々な事業に使うためのお金です。
そのうち、使い道に定まっていない「財政調整基金」とよばれる、なんにでも使えるお金は、163億32284万円に上っています。

 福山市より人口の多い、広島市の財政調整基金は、51億円余(2016年度末見込み)だそうなので、およそ3倍の税金が、「使われずにプールされている」ことになります。

また、大型公共事業や大型開発などに使う「大規模事業基金」は58億4824万円もありました。

 消費税の増税や医療費の増高の一方、給料や年金の切り下げで、これからどうやって暮らそうかという、厳しい毎日を強いられる中、これだけの「埋蔵金」とも言われる、溜めこみ金があることに、怒りと驚きの声が広がっています。

 中学校給食の実施や、子ども医療費を、中学校卒業まで無料にすることなど、有効に使えば、福山市は格段に「住みやすい町」になることは、間違いありません。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-30 15:29 | Comments(0)

今日を忘れない

 本日は、憲法9条違反の「安保法制」=戦争法が施行される日です。

ゼッタイにこの日を忘れない、許しがたい法律がスタートします。

しかし、絶対にあきらめません。

戦争だけはしてはならん!

ということで、今日は、各地でも、国会議事堂前でも「9条まもれ!」「戦争法の廃止を!」と、市民の怒りが沸騰しています。

福山市内では駅前で、「戦争法廃止を! 福山総がかり行動」の定例署名活動が取り組まれ、参加しました。
c0344374_18132723.jpg
ハンドマイクで「憲法違反の安保法制が、本日施行されます。『殺し、殺される』日本にしてはならない。力を合わせ、安倍政権を退陣に追い込み、戦争法を廃止にしましょう!」と呼びかけると、次から次へと、若者たちが署名に応じてくれ、うれしかった!  

平和を愛する国民の思いは、しっかりと顕在です!
c0344374_18132837.jpg
 ある子ども連れのママさんは「日本はいったい、どこに向かうのでしょう。。。?  安倍さんは怖いわ」。とはなし、家族全員分の署名を書いてくれました。
c0344374_18132825.jpg
 この日は、いつもと違って、新聞報道なども影響もあってか、40人を超える署名が集まりました。

さらに、通行中の男性が、「私も集める」と飛び入りで署名集めに参加してくれ、全体では1時間で100人近くの署名が集まりました。

 戦争のない、平和な日本を続けるために、これからが正念場です。






[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-29 18:18 | Comments(0)

あれやこれやpart3

 本日は4月決戦の日までのラストサンデーです。
街頭からの市政報告や、危険な川の現地調査など、市内を走り回りました。
c0344374_19580697.jpg
 ある地域で政策を訴えていると「ガンバッテよ」とか、「応援するよ」など声をかけてもらえて温かい雰囲気です。
c0344374_19580661.jpg
 その後は、熊野町の、ガードパイプを設置した川の橋を見に行きました。
この場所は、夜は真っ暗。。。安全柵がなかったので、近所の方が川に転落し、大けがを負ったのでした。
1月に、現地を調査して2か月後に安全対策が施されました。

地域の人の話によると、「こんな場所はいくらでもあるよ。」と、別の場所の安全策を講じるよう、要望をうけたまわりました。
c0344374_19580604.jpg
 普通に、町を歩いて、川や溝に転落して、ケガをするなど、あってはならないことです。

早急な安全策が必要です。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-27 20:03 | Comments(0)

あれやこれやpart 2

 福山市政の決戦の日が近づいてまいりまして、毎日が盛りだくさんの一日が過ぎています。

 昨日は、中小業者の団体のみなさんが、新年度の中小企業向けの、市独自の融資制度について福山市の担当課との懇談会があったので参加しました。
c0344374_19010921.jpg
 中小企業は、大企業と比べて資本力が弱く、行政がシッカリとサポートする必要があります。
市の担当課に、中小企業がおかれた生の実態を伝え、現状について確認しあいました。

 この日は、和やかな懇談となりました。
その後は、兵庫県南光町の元町長をしていた、山田兼三さんが来福し、「住民が主人公の町づくりとは?」と題して、鞆町で懇談会を開きました。

鞆町は、埋め立て架橋計画が白紙撤回され、これからは、歴史・文化と景観を生かした新たな町づくりプランの策定が急がれます。

南光町では「ひまわりの町」として全国に名をとどろかせ、「8020運動」(80歳で20本の歯を残そうという歯科予防運動)の発祥の地でもあります。

 その提唱者の山田兼三さんの南光町での経験は、これからの鞆の町づくりの参考になりました。
c0344374_19010884.jpg
 参加した皆さんは、興味津々、たくさんの質問やこれからの町づくりについて、たくさんの意見や要望が出され、活発な会となりました。
c0344374_19010932.jpg

 本日は、ある労組の総会にチョビッと参加。市政や国政など、情勢報告を致しました。
c0344374_19010869.jpg
そして、とんぼ返りで大平よしのぶ衆院議員と一緒に町内で、市政・国政報告会。
c0344374_19010882.jpg
 スーパー前で聞いていた男性は「景気が良くないのに、消費税は上げてはいけない。子や孫のために、子育て支援をガンバッテ」と激励してくれました。

 毎日が充実した日を送っておりまする。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-26 19:14 | Comments(0)

あれやこれや

 本日は3連休の3日目です。
天気が良かったので、街頭から市議会報告をしました。
c0344374_18363039.jpg
 高齢化が深刻で空家が増えたり、在宅介護が受けられないなど、深刻な実態が広がっています。
3月議会で取り上げた、「空き家リフォーム助成制度」の創設を求めたこと、福山市独自の介護サービスの充実を求めることなどをお知らせしました。
c0344374_18363090.jpg
 日和がよかったのか、多くの人が車から手を振って激励してくれました。

 ところで、地域の安全対策が進みました。
c0344374_18363095.jpg

 今年の1月に、熊野町の論田川の水路が「危ない」という声を聞かせていただきました。

 聞けば、昨年の大みそかに、ガードパイプが設置されていない川に、地域の住民がが転落し、重症を負ったそうです。

この話を聞いて真っ青になりました。

 福山市は、水路転落事故が多発しており、年間10~20人が転落死しています。負傷者は100人近くに上ります。

そんな時は、必ず議員に報告FAXが届けられ、日本共産党市議団で現地調査をして、改善要望を市に届けてきました。

ところがこの場所だけは報告がなかったのです。

市役所にすぐに掛け合い、・状況把握、・安全対策を行うよう、緊急交渉していたのですが、このたび、ガードレールが設置されたのです。

c0344374_18363011.jpg

 いかにも危なそうな、水路です。


 ひとまずは、再発防止策が完成しましたが、負傷した方は、今も不便な生活を強いられています。

福山は1400億円を使う大型高速道路の計画を進めていますが、高速道より安全な市道の改善がなによりです。




[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-21 18:41 | Comments(0)

6か月目デス

 最近の活動をまとめちゃいました。
昨日は、市内の小学校の卒業式でした。

ある小学校におじゃまして、新たな旅立ちをみんなで祝いました。
c0344374_15533129.jpg
 心温まる校長先生の式辞で、先生たちは号泣でした。
この日は、教育長さんも出席していましたが、「卒業式はいいものですね」と、ほっこりした気持ちになりました。
 
 そして、本日19日は、安倍政権が強行した「戦争法」の成立から6か月目の節目の日です。
 街頭から、「野党は共闘!」「参院選・衆院選で、野党共闘で安倍政権を退陣に」と訴えました。
c0344374_15533026.jpg
せんs 午後からは、市民団体のみなさんが「STOP!戦争法 福山総がかり行動」を行い、署名と宣伝行動を企画したので参加してきました。
c0344374_15533161.jpg
 若い世代の皆さんが、たくさん「戦争法廃止! 2000万統一署名」に協力してくれ、6か月経った今でも、戦争法への怒りと批判が渦巻いていることがわかりました。
この稀代の悪法は、3月29日に施行される予定です。

 何としても廃止に追い込むため、全力です。





[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-19 15:59 | Comments(0)

 議員通信「かわら版」311号が完成です!

選挙期間中ということもあり、とってもタイトなスケジュールの中、3月議会で取り上げた内容をコンパクトにしてお知らせしています。
c0344374_19182565.jpg
 「しんぶん赤旗」にはせこんで、皆様にお届けしています。


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-17 19:20 | Comments(0)

 景気が悪化の一途をたどっています。
 市長は、3月議会の総体説明でも「市内企業の景況感も全体的に悪化」と認識を示しました。
そんな中、市内企業の8割を占める従業員9人以下の小規模事業者(小企業)の活性化が必要です。
 3月議会本会議と予算議会で、小企業の振興策について、取り上げました。

小企業振興の具体化を

 いま、小企業は、「消費税増税をやめて」「国保税の引き下げを」などの切実な要望があります。小企業は、多くの優れた技能者や職人を抱えており、社会の大黒柱とも言えますが、歴代政権の「大企業」を優遇する政策により、小企業への振興は重視されてきませんでした。
 そこで、
① 各分野の優れた技能者や職人の認定制度、報奨金制度の整備など、優れた技術が次世代に継承できるための支援策 
② 小企業が事業者用資産を相続した場合に、一定期間の事業継承を条件に、相続税や固定資産税の減免 を求めました。

 市は、「相続税は、個人事業主の事業継承に係る負担軽減のための措置が図られている」「今後は、周知徹底に努める」と答弁。それ以外の具体的施策については言及しませんでした。

 国には小規模企業振興基本法という法律があります。(2014年制定)。市としては、さらに具体的な振興策が必要です。
 そのためには実態把握が不可欠ですが、小企業の実態を詳細に把握した統計資料はありません。市が独自に調査をしなければ、対策を講じることはできません。市内の小企業の実態調査を行うことを求めましたが、「国の責任で行うべきこと」と冷たい答弁でした。市が「中小企業・小企業を政策の柱」に据えるよう、運動を広げることが必要です。


空き家リフォーム助成制度で
小企業の仕事おこしを

 空き家の利活用や定住促進、仕事おこしにつながる「空き家リフォーム助成制度」の創設を求めました。
 この制度は、全国で広がる空き家の利活用を促進するものです。例えば福井市では、空き家をリフォームする際、市がリフォーム費用の20%か、30万円までを上限で補助します。

 そのため、3月議会予算委員会では、空き家リフォーム助成制度を自治体が創設する際、国から、事業費の2分の1を補助する交付金制度があることも紹介し、市として制度を作ることを求めました。市は、「様々な制度があることは承知している」「どの制度を活用するかは、研究する」。「今後、利用者など、市民アンケートを行い、様々な意見を聞きながら、利活用策をつくる」と答弁しました。
 これは、一歩前進の答弁と言えます。

 他市では「住宅リフォーム助成制度」を作り、中小企業の仕事おこしに大きな効果を発揮しています。
 福山でも、リフォーム助成制度を急いでつくり、地域経済活性化策を行うことが必要です。

c0344374_16193211.jpg



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-16 16:23 | Comments(0)

 今朝は、いつものように、午前3時半に起床して、新聞配達の後、4月の政治決戦に向けて、たくさんの方とお会いして話しを伺いました。
c0344374_19155061.jpg
 ある自営業者の方は「大型店の量販店ができて、価格競争で全然太刀打ちできない。いくら競争社会とはいえ、零細業者に本当に冷たい。毎日、いつ夜逃げしようか考えている。小さい企業こそ、光を当てて欲しい」とのことでした。

 また、ある高齢者の方は、「戦中・戦後を生き抜いてきて、やっと米寿を迎えても、昔のように長寿祝い金がなくなった。姉は、祝い金をもらったのに。私らがこの日本を支えてきたのに、政治が冷たい」とのことです。

 子育て世代のママさんは「車で20分くらい走った笠岡には、中学校給食があり、子どもの医療費助成が手厚い。福山は冷たくて、住みにくい」。

 福祉制度をよくしてほしい、という声が圧倒的に渦巻いていることを実感しました。

このような声は、いつも議会で論戦で発言しています。

 ところが、今の福山市議会は、日本共産党以外、全会派が市長の提案に賛成する、という構成です。
長寿祝い金の廃止も、水道料金の値上げも、市民病院の駐車場有料化も、国保税の値上げも・・・・  
負担が増えてもお構いなしで、10年間で5億円も市独自の福祉施策が削られてきました。

これに頬かむりで、選挙の時だけ、「福祉を大切に」といって歩く人もいるそうですが。。。。。。  なんともはや。。。

 たくさんの声を聞かせていただき。議会の中では少数でも、外に出ると私たちの声は圧倒的多数だったことを、改めて実感しました。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2016-03-13 19:27 | Comments(0)