ブログトップ

 福山市が所有する巨大な商業ビル「リム・ふくやま」の管理・運営契約がおかしい、とこれまで何度も議会で追及してきましたが、これらの調査・分析は、広島の自治体問題研究所というシンクタンクが特別のプロジェクトチームを作って作業していました。
そして、このほど、その報告書がまとまったので、記者会見を開き、公開しました。
c0344374_20321973.jpg
いろいろなテレビ局や新聞記者さんが取材に来てくれて、・リム・ふくやまをめぐる契約の問題点、・地方自治法に照らして何が問題か、・実態がどのようになっているのか、など、詳細な説明をしました。
c0344374_20321922.jpg
 この調査は、大学の行政法が専門の先生に力を借り、専門的に分析したのですが、プロの目から見て、福山市が行っている契約はズサンすぎます。
先生方は、これらの手続きについて詳細な解説を行い、記者会見は1時間30分に及びました。
c0344374_20321967.jpg
 報告書の内容は、全編が300ページもある膨大なものですが、広くみなさんにこの契約がどのような問題を抱えているのか、分かり易くお知らせする予定です。

そして午後からは来たる県議選のチラシ作製の最終作業。
昨日は午前様までかかり、なんとか完成したので、印刷業者さんに無事発注してひと仕事おわりました。
c0344374_20403659.jpg
その後はバタバタと動き回った後、カイギに出席・・・・と、気忙しい一日でした。

今日もガンバリマシタ。
 

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-27 20:41 | Comments(0)

濃密な毎日です

 最近、発行が途切れていた議員通信「かわら版」をやっと発行できました。
もろもろの活動が忙しい、という言い訳は通用しないのですが、「原則 毎週発行」が、今月は、一回しか発行できていません。「最近見てないなあぁ」とおしかりを受け、必死に作ったNo289号。完成です。
c0344374_20113641.jpg
その後は、いろいろな会議に出席した後、午後5時から、自公政権が企む「残業代ゼロ法案」を阻止すべく、チラシを配りました。
c0344374_20113644.jpg
懐かしい、敬愛する同級生とも偶然出会えて、今日はラッキーでした。
そういえば、多治米事務所に、ヤモリが出没していました。
ヤモリがいる家は「幸せになる」そうです。

とてもラブリー。
c0344374_20113666.jpg
本日は、ラッキイな一日でございました。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-25 20:14 | Comments(0)

急ピッチ

告示日まで残り10日。

広島県議選の準備を急ピッチで進めています。
今日の福山議会でも、保守系会派の議員さんは選挙のはなしでもちきりでした。
わが辻つねお陣営でも、公営掲示板用のポスターの準備したり、新たなチラシを作ったり・・・
c0344374_22113527.jpg
本日も午前様の様相で、突貫作業がツヅイテオリマス。
c0344374_22113536.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-24 22:12 | Comments(0)

カゼがぴゅうぴゅう

本日は春いちばんを思わせるような強烈な風が吹きぬいていましたが、辻つねおジャンボビラ配りに精を出しました。
c0344374_20035664.jpg
今回のはデカイ上に大量です。
チャリのかごがいっぱいでアタマでっかちになったので何度も転んでたいへんでした。
c0344374_20035695.jpg
700枚すべてを配り切り、空っぽになったカバンとカゴは爽快でございます。
ひと仕事おわった感、満開。
c0344374_20035639.jpg
4月5日(日) 16:00~  福山駅前に市田忠義副委員長がやってくるし、準備で大わらわです。
c0344374_20035676.jpg
本日も一日、駆け巡りました。。。。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-23 20:12 | Comments(0)

演説会と青年宣伝

 昨日は市内で日本共産党演説会でした。
辻つねお県議が、広島県政にかける思いを熱く語り、県議選へむけての決意を語りました。
c0344374_14153535.jpg
 そして、大平よしのぶ衆院議員、穀田けいじ国対委員長が国政報告。
c0344374_14153569.jpg
 元気モリモリの演説会になりました。
c0344374_14153512.jpg
今朝は早朝から起き出しいつものように新聞配達。
2月から本会議代表質問や予算委員会やなんやらかんやらが続き、休暇が取れていないせいか、寝起きわる~~~~と思いながら新聞くばりです。このところ、早朝が暖かくなり、ありがたかったす。
c0344374_14175390.jpg
 その後は、青年たち総勢10人でおそろいのヤッケを着込んで元気に宣伝です。
3人の子どもを持つママさんが「子どもが戦争に行くような国はおかしい。平和憲法を守ろう」と訴え、注目を集めていました。
c0344374_14153527.jpg


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-22 14:19 | Comments(0)

春分の日

 春分の日ですが、政治の春はまだ先です。
近づきつつある県議選の準備で大わらわ。
c0344374_15233824.jpg
 またもや大量のチラシの準備です。
c0344374_15233829.jpg
分厚いチラシは、見た目は量が多いのですが配っているとみるみるうちになくなるので達成感を感じます。

大変なビラ配りも楽しんでやっておりまする。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-21 15:24 | Comments(0)

まとめちゃいました

 毎年恒例の、「光陰矢のごとし」の3月です。
ブログUPがままならず、この間の活動をまとめちゃいました。
16日にはビラ配りに精を出した後、地域活動です。
17日には、水呑町三新田の市道が危なく、「信号設置を」と求める要求が渦巻いていたので、警察署長を訪ね、877人分の要望書を地域の人と提出してきました。

c0344374_17162033.jpg
 このことは、本日付けのしんぶん赤旗にも掲載されています。
c0344374_17160477.jpg
 そしてその後は辻県議と街頭宣伝です。
c0344374_17152264.jpg
 18日は、一日中、3月議会の最終日。議会が終わっても夜おそくまで諸々の書類手続きや打ち合わせに奔走です。

 19日は、これまた一日中、業者さんとの打ち合わせや雑誌の取材うけ、書類の作成や議会だよりの編集作業など、強力な助っ人の力も借りつつ、ヒイヒイ言いながらのデスクワークデーでした。夜は地域の会議に出席してこれまた長時間労働・・・・


 20日は、地域の卒業式に参加させて頂きました。

c0344374_17150201.jpg
 校長先生やPTA会長さんが式辞が心に沁みる、すばらしい卒業式でした。
校長先生は、卒業生に「幸せになってください」と、温かく語りかけていました。
 PTA会長さんは「あなたが育ってとてもうれしい。ありがとう」とこれまで子どもを育ててきた思いを率直に話していました。
どちらの方も肩肘はらず、「努力や忍耐」といった訓示調のお決まり文句でなく、子ども達を大切にしている思いが伝わるあたたかいお話でした。
 いま、学校現場では、行き過ぎた管理と競争教育が、蔓延していますが、久しぶりに温かい「学校らしい」雰囲気に出あえて、ほっ。

 そしてダッシュで着替え、ビラ配り700枚出かけました。

 
 その後は、明日、3月21日(土)リーデンローズで行われるこくた恵二国対委員長の演説会に向け、あくせく動き回っております。

c0344374_17185753.jpg
濃密な毎日でございまする。。。
 


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-20 17:19 | Comments(0)

終わるやいなや・・・

 激烈な3月議会予算議会がおわり、くたくたな体の疲れが癒える間もなく県議選挙へ向けてギアチェンジです。
これまで片付いてなかったチラシ配り1000枚のノルマを早く終わらせるため、これから数日間は力仕事に精を出します。
c0344374_15081662.jpg
議会中は、机に座りっぱなしで体がなまっておりますので、ちょうどいい体力づくりでございます。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-15 15:10 | Comments(0)

 これまで1週間審議されていた福山市の予算議会が今日おわりました。
今議会では、一般会計予算に対して、日本共産党と水曜会所属の新人の木村秀樹議員も反対を表明していました。
 福山市議会はいま、日本共産党以外は、市長提案の議案にはすべて賛成の「オール与党」となっておりますが、最大会派の水曜会の新人議員が新年度予算案に反対を表明するのは異例です。

 日本共産党の討論を紹介します。

議題1号 2015年度福山市一般会計予算について、日本共産党の討論を行います。

本予算は、第3次安倍内閣の下での通年予算であります。国の予算案には、消費税増税をしながら、社会保障の削減を進める。

大企業への減税のばらまきを行う。3年連続の大軍拡予算という、3つの特徴を持ち、地方へのしわ寄せ、地方自治の侵害が色濃く表れています。

そのもとで、福山市の一般会計は、歳入歳出総額1679億6767万円で、3年連続の増額予算が組まれました。

歳入における税収では、法人市民税が軽減されたことにより5億1000万円の減収が見込まれ、地価下落の影響で固定資産税の収入減収17億円が見込まれるなどで、市税総額は、697億4100万円、歳入構成比41.5%にとどまっています。

地方消費税交付金は12か月分の80億7900万円、構成比4.8%が交付されますが、地方交付税が減額され、歳入における構成比が4.8%となり、臨時財政対策債80億円・構成比4.8%と合わせて、235億300万円14%で、地方財政は、より消費税に頼る歳入構造となっています。

また、使用料及び手数料では、保育所延長保育料の新設、幼稚園保育料の改定で、保育料の段階的引き上げなど負担増となることは問題です。

歳出においては、

個人番号システムの導入が図られますが、住民登録をしている全員に、生涯変わらない番号を割り振り、個人番号と氏名、住所、生年月日にとどまらず、税金や年金、保険、福祉などのあらゆる個人情報を国が一括管理するものです。多くの個人情報を国が一手に握ることの危険性や国民のプライバシーを危うくする仕組み作りは止めるべきであります。

連携中枢都市圏推進事業調査費が1706万円を始め、1億6022万8000円組まれていますが、地方自治を突き崩し、やがては道州制につながることが懸念される当事業に、拙速に参加すべきではありません。

生活保護の住居費、冬季加算の削減は、生存権と健康で文化的な生活を営む権利の侵害に当たります。

子ども子育て新制度が実施されますが、保育に格差が持ち込まれ、公的責任が後退します。複雑な保育体制となるため、保育士の労働過重も引き起こします。

私立幼稚園補助金の削減は、子育て世代への負担増であり、認められません。

ごみ処理経費を増高させているごみ固形燃料工場を延命するとしているのは問題であります。大量消費、大量廃棄、大量償却の在り方から脱却し、徹底した分別収集で再資源化を進め、最小限の焼却に改めるとともに、燃焼効率や発電効率の高い焼却炉への転換を志向するべきであります。

企業立地奨励金は、比較的財政力のある企業を支援するもので、中小企業融資制度を活用する個人や小規模事業所には適用できない不平等なものであり、改める必要があります。

自動車流入量の増加で、事故や環境悪化につながるスマートインターチェンジへのアクセス道の建設や、幹線道路網推進は取りやめ、生活道路の改修・補修に力を入れるべきであります。

新たに立地適正化計画策定予算を組んでいますが、都市機能と住居の誘導で、コンパクトシティーとアクセス道を整備するもので、周辺部の一層の過疎化の誘発や市民の居住権侵害につながるものとしても認められません。

本来、独立採算制を基本とするべき、商業特別会計に多額の一般会計予算を注ぎ込むあり方は、早急に解消するべきであります。

農林水産部門では、農地集積事業費補助金が新設されています。これはアベノミクスの成長戦略の一環で、県に設置される農地中間管理機構に農地を貸し付けた地域及び個人に協力金を交付するもので、農業分野に大規模農家や企業参入を促すための推進体制であり、日本の家族経営の農業基盤を突き崩すものとして、認められません。

教育では、児童生徒を一層の競争教育に巻き込み、学校統廃合につながる小中一貫校教育の推進にまい進していますが、地域コミュニティーと周辺対域の崩壊につながる学校統廃合は行うべきではありません。

相変わらず、子どもたちを規則で縛る生徒指導規程や児童生徒の逮捕は改め、問題行動の裏にある児童生徒の悩みに寄り添った、温かい生徒指導に改めるべきであります。

国民、市民、行政の努力で、部落問題は基本的に解消し、根拠法も消失しているにもかかわらず、未だ部落解放同盟福山市協議会への団体補助金が組まれていますが、直ちに撤廃すべきです。

本年度も学校校舎や体育館、保育園舎の耐震化、大学院就学奨励金の創設、放課後児童クラブ多人数クラブの解消、街並み保存費の増額など、市民要望が前進しております。

当然のことながら、本会計は、景気対策や市民生活全般に関わる予算が組まれており、そのほとんどは賛成できるものでありますが、上記に述べた理由による政治的比重から、反対を表明して、討論といたします。

予算議会が終わるや否や、3・13重税反対集会に駆けつけました。

c0344374_18193234.jpg
辻県議とともにあいさつです。
c0344374_18193210.jpg
 今日もがんばりました。




[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-13 18:29 | Comments(0)

 毎日遅くまで深夜残業が続く、2015年度予算議会が続いています。
今日は土木費の款について質問しました。
 福山市内では、水路に転落して負傷したり死亡したりする不幸な事故が後を絶たず、毎年、特別な予算をたてて、溝蓋を作ったり、ガードパイプを設置して安全対策をしており、新年度予算は1億5400万円が組まれていました。

 そこで、2014年度の事故件数を聞いたところ、水路に転落して負傷した事故件数は54件、死亡事故は5件、との答弁でした。
これは極めて深刻です。

 市は今後3年かけて、500㌶の市域を決めて水路の安全対策を進めるとのことですが、普通に歩いていて、うっかり水路に転落して死亡したり負傷するという事故はあってはなりません。
 先日の質問では裁判となり損害賠償として数千万円を市が支払ったということも答弁されていました。

 福山市は、安全な市道を作る責任があります。

 危険な水路を急いでなくすよう、要求しました。



[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2015-03-11 19:53 | Comments(0)