ブログトップ

<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 参議院選挙が終わって、一段落したいところですが、たまった仕事を片づけています。

 紙版のブログ「かわら版」を作成したり、次回の無料法律相談会の準備や、「福山民報」の作成・印刷に精を出しました。
c0344374_13235617.jpg

↑紙版「かわら版」は、2004年から作り始め、10年目に突入しました。
c0344374_13235696.jpg

↑無料法律相談会は、毎回、好評で多くの方の法律相談に対応しています。

c0344374_13235701.jpg

↑日本共産党福山市議団が発行する福山民報。1200号を超えています。

選挙の慌ただしさが終わり、徐々に日常の喧騒に戻りつつあります ~^−^~ 


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-31 12:18 | Comments(0)

 隔月で行っている無料法律相談会のお知らせです。
福山法律事務所の弁護士と提携し、無料で法律相談を行っています。
お気軽にご利用ください


予約制ですので事前にお電話いただければ幸いです。
日時:8月22日(木)午後6時~8時
場所:土屋とものり事務所
多治米町4丁目28‐10
℡:084‐957‐2304 FAX:957‐2401


まずは土屋とものり事務所へご連絡ください。
[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-31 10:31 | Comments(0)

ふ~~

  津之郷町の日本共産党事務所のノートパソコンがまたもや壊れてしまいました。
 1週間前に買ったばかりのHP製。新品でびゅんびゅん動いて、よく仕事をしてくれていたのに、ヒョンなことでウンともスンとも言わなくなり、あえなく、商品引き取りになりました。

 本日は、メーカーから新品が送られてきたので、せっせとセットアップです。
c0344374_13235592.jpg

プリンタドライバ入れて、オフィス入れて、メール設定して・・・・
c0344374_13235640.jpg


気が付いたら3時間が経過・・・・
c0344374_13235661.jpg


ふ~~^^

今日も一日、頑張りました^−^

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-30 22:25 | Comments(0)

9のつく日は9条宣伝

 毎月「9」のつく日は、「憲法9条を守ろう」署名を駅前で集めていますが、参議院選挙だったので、中断していました。
c0344374_13235560.jpg


選挙も終わったので、再開です。
今日は、残念ながら、7人の参加で少なかったですが、用意した「9条」ビラはほとんど撒ききることができました。
c0344374_13235580.jpg


特に若い人がビラを受け取ってくれると嬉しくなります。
 
参議院選挙もおわり、新しい国会で憲法問題が大争点になります。

「戦争はしない」「軍隊はもたない」と日本が世界に誓った約束を守りきるかどうか、本当のたたかいが始まります。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-29 22:18 | Comments(0)

27日も、核兵器廃絶を訴えながら、平和行進に参加しました。
毎年、大門の三角公園から福山市役所までの約10㌔は、歩いていますが、2日連続での参加は生まれて初めてです。
早朝8時半に市役所から出発式です。
c0344374_13235235.jpg


この日の天気は、33℃の予報でしたが、アスファルトが熱せられ、フライパンのようでした。
それでもあるく、あるく、あるく・・・
 保育園時代から中3になるまで歩いているA君は、彼のおじいちゃんと一緒に歩いていました。
元気いっぱいで、クタクタになった周りを明るく励ましてます。
c0344374_13235246.jpg


山手町では、小学6年生の元気っこ達が飛び入りで参加してくれました。
一緒に「平和をまもろー」「日本から基地をなくそー」「核兵器はいらないー」と声をそろえてシュプレヒコールをしてくれました。
c0344374_13235269.jpg


 夏休みに平和行進で東京から広島まであるく一団に飛び入り参加するという体験はなかなかありませn。
とても良い思い出になったのではないでしょうか。
彼らは、1時間ばかり自転車を押しながら一緒に歩いてくれて「お昼ご飯の時間だからバイバイ」と、風のように去っていきました。
日本の未来も安泰だ~~

それからさらに、あるく、あるく。
c0344374_13235329.jpg


そして、午後4時30分頃。やっと、目的地の尾道市内です。
すでにグデングデン。
c0344374_13235395.jpg


尾道市役所で、到着式です。
c0344374_13235405.jpg


岡山県から預かった「団体旗」を尾道のみなさんに託しました。
c0344374_13235488.jpg



8月4日の広島の原水爆禁止世界大会の会場まで、平和行進は毎日続きます。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-28 10:59 | Comments(0)

 今日は、毎年恒例の「国民平和大行進」です。
毎年この時期は「世界から核兵器をなくせ」と訴えながら、東京の夢の島から広島の平和公園を目指して歩く、国民行事があります。

今年は、夢の島を5月6日に出発し、今日、岡山県から広島県に入りました。
行進団と一緒に、大門の公園から、福山市役所まで約10㌔の道のりを歩きました。
c0344374_13235179.jpg


 途中、6歳と9歳の元気っ子と友達になり一緒に「核兵器なくソー」と訴えながら歩きました。
今日も33度を超え、国道はアスファルトの照り返しが強く、大人でもうだるような暑さです。
途中で子どもが体調を壊さないか、ヒヤヒヤしていましたが、最後まで元気いっぱい、先頭に立って歩いていました。
c0344374_13235188.jpg


 核兵器は、人類を破滅させる悪魔の兵器です。
広島県人として、世界中から核がなくなるまで歩き続け、「核をなくせ」と声を上げ続ける必要があります。
次の世代へ、しっかりと運動が継承されています。
c0344374_13235166.jpg

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-26 18:11 | Comments(0)

25日は、岐阜県中津川市にある、サラダ農園というモヤシの生産量第二位の野菜会社に視察に参加しました。
 水耕栽培で工場の中で野菜を作ってます。
c0344374_13235041.jpg


 この会社は、ちこりという菊科の野菜も作っていて、普及活動に取り組んでいます。
c0344374_13235037.jpg


 ちこりは、葉先が薄い黄色の、小さい白菜のような形。シャキシャキとセロリに似た歯ごたえと、ほろ苦さがほんのりあって、なかなか美味です。ハムをまいたりドレッシング付けたり、炒め物にしたり、焼いたり。何にでも使える万能野菜です。根は、芋になってて、焼酎の原料に使われています。

 視察したちこり村は、ちこり芋から焼酎を作る工場や、ちこりを食べられる、野菜ビュッヘもありました。ちこりは、市内の休耕田を利用して栽培され、ちこり村の従業員は、地元の高齢者を優先して雇用しています。
 さらに、この会社は、遺伝子組み換え食品を使わず、安全安心な穀物を飼料として確保するため、南米パラグアイにトウモロコシと大豆の農地を作り、この国と、食料安定供給協定を結んで、食料危機に備えています。世界にはびこる食物メジャーのような大資本に対抗し、日本の食料は日本で確保するための取り組みだそうです。説明してくださった工場長は『TPPが推進されたら、アメリカのような大資本の大規模農業には太刀打ちできない。』と話していました。
c0344374_13235016.jpg


地産地消や、地元経済を支える農業を実践している、注目できる農業法人の視察でした。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-26 09:26 | Comments(0)

24日、文教経済委員会の視察の二日目は、長野県南木曽町の重伝建地区の調査です。
c0344374_13234518.jpg


 重伝建とは、「重要伝統的建造物群保存地区」と言い、歴史的な町並みを保存するための仕組みです。
福山市の鞆の浦も現在、この「重伝建地区」に指定するための手続きをしていますが、南木曽町は日本で最初に保存地区に指定された地域です。
水車があったり、歴史的な町並みが美しい、まさに「日本の原風景」が残っている町でした。
c0344374_13234519.jpg


 南木曽町は、面積215平方㎞、人口4800人。
集落の中央を南北に旧中山道が抜けていて、妻籠宿(つまごしゅく)地区は、江戸時代の宿場が残されていたた め、「開発より保存を」という住民運動が盛り上がり、1976年に国の重伝建地区に指定されました。
 さらに、中山道を含めた周囲の自然環境と景観1245haを含む広大な地域も「宿場の町並みと周囲の自然環境を一体的な景観としてとらえることが、大事だから」という理由で大切に保存しています。
c0344374_13234653.jpg

外国の方が観光に来られていましたがこの景観をみて、何度も「ビューティフル!」と叫んでいました。

 妻籠宿の保存活動は、住民自治と、町づくりのお手本のような、実践をたくさん行ってきました。
日本が高度経済成長期に入る前の1950年代に、町の若者が都会へ流出して地域が弱体化していった時期に「保存することが町の開発につながる」という画期的な方針を打ち立て、住民らが立ち上がり、町並み保存活動を始めたそうです。
今では年間60万人の観光客が訪れ、世界でも有数の観光地になっています。
c0344374_13234600.jpg


長い歴史と、多くの知恵と力の合わさった運動の結晶が、この地区ですが、ここですべてをお伝えるすのはとてもできません。
ぜひ、もう一度、訪れたい気持ちになる町でした。
町の魅力を写真でご紹介します。
c0344374_13234639.jpg

地元の住民の皆さんが養蜂してました。
c0344374_13234698.jpg

古い農機具が飾られています。
c0344374_13234792.jpg


c0344374_13234724.jpg

中山道は、江戸時代の「基幹道路」のような役割を果たしていました。
c0344374_13234758.jpg

町づくりの担当課の方の説明です。
町に誇りを持って説明をされていました。
c0344374_13234730.jpg

この屋根は、木で葺いている珍しいもの。
木材の一大産地の長野県ならではの光景です。
c0344374_13234862.jpg

江戸時代の大名の宿(本陣)が復元保存されていました。
c0344374_13234820.jpg

集落の真ん中を川が流れ、風情がありました。
c0344374_13234851.jpg

中山道の宿場だったため、江戸時代に通行人を監視する場所の跡地。
c0344374_13234969.jpg

建物は江戸時代のままなので、当然木製です。
そのため、町の至るところに「消火栓」が置いてあります。
見た目は「消火栓」とは分かりません。
江戸時代の風情を残すため、入れ物も工夫されていました。

 このように、「江戸時代の町並みを残す」という事業を、やっているのが南木曽町です。

古いものを大切に残し次世代に伝える。
歴史と文化を大切にするまちづくりとは? を、深く認識させられた実りある視察でした。

 

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-24 18:11 | Comments(0)

文教経済委員会で視察に

本日から3日間、文教経済委員会の行政視察に参加しています。

今日は、愛知県豊橋市の「英会話のできる豊橋っ子育成プラン」事業の視察です。
愛知県豊橋市は、人口約38万人、261平方kmの中核市です。
自動車関連企業の労働者のベッドタウンとして発展し、市内には、小学校は52校、中学校は22校あり、生徒数は小・中あわせて3万3千人です。
そのうち、1200人のブラジルやフィリピン、ペルーなどの外国人生徒が在籍しています。
そのため、2005年から「規制改革特区」を申請し、小学校3年~中学校3年まで、小中一貫教育で英語教育をできるようにしています。
c0344374_13234514.jpg


小・中学校の「特別学習」の授業時間を英語にあて、ALTという、ネイティブスピーカーの外国人教師を、単市で雇用して、英語を教えているそうです。
効果のほどは?との質問に、担当課長は「小中学生のみんながペラペラ英語をしゃべれるようになるわけではない」「英語に対するハードルが下がり、身近に感じられるようになった」と話していました。

う~ん・・・・。。。
小学校の先生は英語教育の先生ばかりではありません。
いまでさえ文科省からの色々な書類作成の指示で毎日、長時間・過密労働を強いられているのに、先生にとっては過酷なカリキュラムです。
しかも、「英語を授業で生徒が英語を話せるようになることはない」とも説明がありました。

いったい、なぜ、英語が必要か・・・

色々な疑問もわいてくる視察でした。

明日は、長野県南木曽町の街並み保存で有名な重伝建事業の視察です。。

[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-23 18:14 | Comments(0)

07/22のツイートまとめ

c0344374_13184030.png
tsuchiya922

日本共産党の当選者 2013参院選挙 http://t.co/BHlKdtIez2
07-22 14:17


[PR]
by tsuchiya-t-fjcp | 2013-07-23 03:32 | Comments(0)