ブログトップ

 いま福山市役所は、4月以降の予算編成の作業が大詰めです。
市議団では、毎年、予算査定の時期に重点要望を市長に直接届け、切実な要求を届けています。
 例年は、11月~12月中に今回のような予算要望書を提出していましたが、今年は、分刻みの日程が続く市長さんとの日程調整が難しく、本日になってしまったのですが、38分野420項目の要望書を提出してきました。

c0344374_16045253.jpg
例年、数10項目の要望が実現していますが、新しい課題も発生しており、要望書は今回B4の紙で30ページに渡りました。

これから予算議会に向けて、調査や論戦が本格化します。

福祉や暮らしを大事にした市政の実現へ向け、いよいよ本格始動です。

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-19 16:10 | Comments(0)

 今週もガンバリマシタ。
議員通信「かわら版」356号の完成です。
c0344374_16273539.jpg
 ご覧ください。

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-18 16:27 | Comments(0)

 新聞報道によると、福山市のほか倉敷、岡山、総社市で清掃業やコインランドリーの運営を手掛ける障害者就労継続支援A型事業所「フィル」が閉鎖する方針とのことです。
 これをうけ、市長に対し、緊急要望書を提出しました。

c0344374_14044733.jpg
 昨年の「しあわせの庭」の大量解雇に続く閉鎖方針で、関係者に大きな衝撃を与えています。
 全国でも、A型事業所の突然の閉鎖と大量解雇が多発していますが、その背景には、次の要因があると考えられます。
 第1は、障害者自立支援法により、社会福祉事業に営利法人の参入を可能にした規制緩和があります。これまでは、非営利性と公益性という原則の下、障害者の命と人権を守るために経営主体は限定されてきました。しかし、この間の政府の規制緩和と企業参入により、必要な規制がなし崩しにされたことは問題です。
 第2は、給付金と特定求職者雇用開発助成金を目当てにした、もうけ本意の悪質な営利法人の参入が進んだことです。これらの公金は、事業収入に関わらず、運営費や支援者の人件費に充てることになっており、利用者賃金は、事業収益から支払わなければなりません。しかし、それらが適切に履行されてこなかった実態があります。さらに、悪質な事業者を厚労省も把握していましたが、長年放置されてきたことが問題を大きくしたと言われています。また、もうけ本意の事業者参入を促す、コンサルティング会社の存在も憂慮すべき問題です。今回閉鎖を予定している「フィル」は、コンサルタント会社「プロジェ」と深い関係があると言われていますが、徹底的な真相究明が求められます。 
 第3は、昨年4月に発せられた厚労省通知があります。これは、A型事業所で利用者に支払われる賃金は、原則、給付費等から支払ってはいけないとする内容です。厚労省は、これまでの状態を長年放置してきたにも関わらず、あたかも自然淘汰を促すかのような今回の通知が、事業所の閉鎖に拍車をかけています。国の責任で、離職者支援を行うべきであります。
 また、厚労省の一律対応では、真面目な事業所も、事業収入だけでは賃金を支払うことが難しい実態を踏まえれば、制度設計そのものの見直しが必要です。
これらの事を踏まえ、次の事を要望しました。
c0344374_14044720.jpg
【要望項目】
1. 市内の利用者について「倉敷市に配置替えする」とのことですが、市外の事業所への配置換えは、通勤等に困難を生じる事が予測されます。行政が責任をもって最後の1人まで再就職支援と生活再建に取り組むよう、関係自治体と連携を密にすること。
2. コンサルタントが果たした役割について、徹底的に真相究明し、結果を公表すること。
3. 国に対して規制強化を要請し、企業への指導を徹底すること。
4. A型事業所の利用者の賃金が保障できるよう、助成制度を創設すること。

対応した、福祉担当部長は、「おっしゃる通り」と、要望項目について賛意を示しながら「国・県・市がやるべきことを、検証結果を下に要請する必要がある」「しあわせの庭で対応した、生活再建支援・就労支援の対応は、福山市として体制を崩すことなく引き続き対応する」といった旨の答えを示しました。



[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-16 14:11 | Comments(0)

出初式でフレッシュ

 本日は、毎年恒例の出初式に参加です。
c0344374_12122948.jpg
 凍える寒さのなか、消防職員さんや消防団のみなさんが行進し、火事や災害のない一年を願いアピールしました。
c0344374_12122971.jpg
 消防職員さんや救急職員さんは、24時間、365日、市民の安心生活を保障する活動をしており頭が下がる思いです。
ところが、福山市の消防職員さんは国が定めた消防力基準に達成しておらず、人数が少ない状態が長く続いており、予算を増やして改善しなければいけません。

 消防職員の皆さんが、安心して健康に働ける環境をつくるため、政治の責任は重大です。

その後は地域のとんど祭りにお邪魔させてもらいました。
c0344374_12122996.jpg
今年は風がなく、見事なとんどが燃える姿は勇壮でした。
c0344374_12122993.jpg
 今年こそは、健康! を祈りながら、神聖な炎で身を温めました。
c0344374_12122915.jpg

 



[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-14 12:22 | Comments(0)

 今年は、できるだけ〝毎週発行〟を目標に掲げた「議員通信 かわら版」の355号目の完成です!
c0344374_18323821.jpg
 日々、たくさんの相談や書類作成作業、活動がありますが、それらの活動の一端をお知らせできれば幸いです。

しんぶん「赤旗」にはせこんで、みなさんにお届けします。



[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-11 18:35 | Comments(0)

 昨年の12月28日に、引野町5丁目の側溝へ、人が転落して死亡した事故を受け、市長に対して溝蓋や防犯灯などの安全対策を求める緊急要望書を提出しました。
c0344374_11522306.jpg
 この場所付近には、側溝への溝蓋やガードパイプ、夜間の歩行者の足元を照らすための防犯灯や溝蓋も設置されていませんでした。
しかし、駅の近くのため、歩行者や自転車などの通行人が多く、アパートやマンションも数多い地域です。
c0344374_11522375.jpg
そのため、緊急安全対策を求めたところ担当部長は「駅の南側から、側溝の整備などハード対策を計画的に行いたい」「防犯灯の設置は地域の自治会の総会で、提案したり啓発したい」と回答していました。

また、最近の傾向として、飲酒や高齢者に絡んだ水路への転落事故が多発していることから、夜間の歩行中の懐中電灯などの携行を啓発するなど、周知活動に力を入れる、との回答もありました。

申し入れた内容は次の通りです。


引野5丁目水路側溝転落死亡事故に関する緊急要望書
 福山市長 枝広直幹様                   
                                                                2018年1月9日
 昨年12月28日、朝、引野町5丁目19-17付近の側溝に、50歳代の男性がうつぶせ状態で発見され、すでに死亡していたとの報告がありました。犠牲者とご家族の皆様に心から哀悼の意を表するものです。
 日本共産党市議団は、12月28日、現地調査を行いました。
 現地の側溝や水路には、転落防止柵は設置されておらず、道路の路肩部分の劣化損傷が見られました。転落場所付近には街灯も設置されておらず、足元は暗かったのではないかと推測されます。
 現場付近はアパートや賃貸住宅も多く、東福山駅に通じる市道であり、自転車通学や人の通行も多く、転落防止の対策が必要です。
よって、以下の要望をいたします。
【要望項目】
1、 転落現場をはじめとして、付近の水路と側溝に溝蓋やグレーチングを設置するなど転落防止対策を講じること。
1、 歩道端の劣化や傾斜の補修を行い、歩道を拡幅し、市民が安全に通行できるようにすること。必要に応じ転落防止柵を設置すること。
1、 夜間の状況を調査し、暗くて危険な場所には街灯を設置すること。
1、 飲酒後の転落事故が見られるところから、飲酒事故の防止や安全の確保について、一層の啓発を行うこと。
               

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-09 12:07 | Comments(0)

 今日は、2018年最初の「5のつく日」だったので、駅頭で「子どもの医療費助成制度の拡充」を求める署名集めをしました。
c0344374_17313515.jpg
 昨年12月議会では、広島県東部でも最も遅れている福山市の乳幼児医療費助成制度の拡充について、保守系会派も含めて、たくさんの議員が質問に取り上げましたが、制度の拡充は待ったなしです。
c0344374_17313542.jpg
今日は中・高生や子ども連れのママさんなど、1分毎に1人の割合で署名に応じてくれるなど、関心の高さがうかがえました。
c0344374_17313583.jpg
 他県から来たママさんは「うちの県は子育てに温かいですよ。中学校給食も、子ども医療費の制度も(福山よりは)進んでます」と話していました。

 はあ~~~~140.png

 政治を変えるのは、世論の盛り上がりと議会での論戦がかみ合った時です。

まだまだガンバラねば、と気合が入ります166.png

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-05 17:40 | Comments(0)

今年もがんばります!

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年一年、ブログを拝見してくださってありがとうございます。

 今年もがんばります。

 どうぞ宜しくお願い致します。
c0344374_11312805.jpg

 

[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2018-01-01 00:01 | Comments(0)

 引野町で側溝に人が落ちて死亡する事故が発生した、と市役所から緊急FAXが飛び込んできました。
被害にあわれた方とご家族や関係者の皆様に心から哀悼の意を表します。

福山市内では、毎年のように、水路や側溝に人が転落する事故が発生していますが、あってはならないことです。
 
そのため市議団で、緊急に現場調査に行きました。
c0344374_16030794.jpg
 現場の歩道には、ガードレールやみぞ蓋、グレーチングなどの安全対策は何もなく、足元を照らすための街路灯や防犯灯もありません。
歩道は、水路側に傾斜があり、みぞの深さは80㎝くらいありました。

 近所を通りかかった住民は「この町は水路や側溝が口をぱっくりあけている場所が多数あるので市に伝え、改善してほしい」と話していました。
c0344374_16030789.jpg
 悲惨な事故を繰り返さないために、安全対策の徹底が必要です。



[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-12-28 16:13 | Comments(0)

 昨日は、A型作業所「しあわせの庭」問題で、市議団で第3次緊急要望書を提出しました。
c0344374_15525973.jpg
 先月に福山市内の障害者作業所「しあわせの庭」が106人を一斉に解雇して一か月がたちましたが、利用者の生活は依然として厳しく継続して支援活動を行っています。
そのため、市に対しても相談で寄せられた要望を伝え、行政としての取り組みを強化するよう、市長あてに要望書を提出しました。
c0344374_15530020.jpg


 対応した福祉担当部長は、私たちの要望内容によく理解を示してくれ、誠実な対応を行ってくれています。

 行政と連携を密接にしながら、元利用者の方のいのちとくらしを守る取り組みを続けることが確認されました。

要望内容は以下の通りです。



【要望内容】
障害者就労継続支援A型事業所「しあわせの庭」の解雇者の命と暮らしを守る要望書(第3次分)
                           
 障害者就労継続支援A型事業所「しあわせの庭」の経営破たんから1か月が経過しました。新聞報道では、解雇された元利用者106人のうち再就職が決まったのは18人のみとの事で、依然として厳しい状態が続いています。
 12月24日、「福山生活と健康を守る会」が主催した「なんでも相談会」に日本共産党県市議団は同席し、利用者や家族の相談に応じました。
中には生活リズムが崩れ、体調不良に陥ったり、生活困窮に拍車がかかるなど、深刻な実態があります。これらのことを踏まえ、第三次要望を提出致します。

【要望項目】
一、 福山市は、元利用者を対象に「10人程度の臨時職員を1月中に募集する予定」と報じられています。しかし、再就職先が決まらない元利用者は80人以上になることから、採用人数を大幅に増員すること。

一、臨時職員の募集は、府中市在住の元利用者も対象とすること。

一、元職員も再就職が決まらず、生活困難を抱えています。元職員についても市の臨時職員として採用対象とすること。

一、国の「未払い賃金立て替え制度」による賃金が、一刻も早く支給されるよう国に要請すること。また、解雇予告手当も支給するよう手立てをとること。

一、元利用者支援は、府中市、尾道市などの各自治体と格差が出ないよう連携すること。

一、生活困窮者の要望に機敏に対応できるよう、市の生活福祉資金の原資を増額すること。




[PR]
# by tsuchiya-t-fjcp | 2017-12-28 15:59 | Comments(0)